sannigoのアラカン日記

アラカン女sannigo(さんご)穏やかな毎日を記録しています。

正月飾り、縁起良く「いつ飾る?どこに飾る?どう処分する?」

 こんにちは、sannigo(さんご)です。

今日の静岡新聞のニュースです。

正月用樽酒出荷ピーク、浜松の「花の舞酒造」

浜松市の「花の舞酒造」で新年を祝う樽酒の出荷作業が最盛期を迎えたそうです。
積み上がった杉樽約600個に酒を詰めて、首都圏から名古屋方面まで運ばれるとのこと。出荷のピークは26日まで。

令和初の年越しを日本酒でキリッと味わうのも粋ですよね。

  先日、正月用のとても小さい鏡餅を買ってきました。
さて、これはどこへ飾ったら良いのでしょうか?

一緒に買い物に出かけた友人は仏壇でいいよ。

言ったそばからもう仏壇に置いています。そこで疑問です。

 

正月飾り、縁起良く「いつ飾る?どこに飾る?どう処分する?」

正月飾り

 

最近は、クリスマスの飾りもですが、それ以上にお正月関連のものがよく売れる傾向があるようです。

 

日本の年末は、働いている慌ただしい時期にクリスマスを迎えます。

 

働くママやパパが多い最近は家族だけのホームパーティーが主流ではないでしょうか。

 

日本の場合は、年末年始休みが最終金曜が仕事納め、年始の日曜まで9日間が休みの職場が多い気がします。


仕事を納めたのちに、故郷への新幹線や車での移動で、ただ慌ただしく疲労困憊で過ごす方が多いのではないでしょうか。

 

とりあえず、ふる里へ帰り着いてから、のんびり新年を迎えるパターンが増えているからこそ、正月関連のものがよく売れてるのかもしれません。

 

「一年の計は元旦にあり」の言葉もあります。

 

お正月くらいは、きちんと年神様をお迎えして、すがすがしく過ごしたいものです。

では、本題に入っていきます。

 

無事、新年を迎えるためには、おせちの準備や年賀状の準備、初詣、正月飾り、鏡餅など、たくさんの習わしがあります。その習わしを踏襲した正月準備を始めましょう。

※調べたい所をクリックしてみてください。そこへ飛べます。そこだけでも見てね。

 

 正月飾り、どこで買う?

 スーパー、ホームセンター、コンビニエンスストア、露天、ネット通販、買わずに手作りなど。

最近は早くて11月下旬には、スーパーやホームセンターでたくさん並べられます。値段はお財布に優しい大量生産タイプが多いです。


コンビニエンスストアや露天は、わりと間近になっての販売が多いです。
今は、ネットで年中買える物もあります。

 

実際に手に取れないのは残念ですが、毎年同じネット先で購入すれば安心です。 
門松まで飾られるお宅は、花屋さんや造園屋さんに早めに依頼したほうが良さそうです。

いつ飾る?

12月13日から12月30日までです。ただし29日は避けてください

「二重苦」また月末で9がつく日で「苦が待つ」と縁起が悪い日ので避けましょう。
大晦日の31日は「一夜飾り」で年神様に失礼と考えられています。

 

12月13日からというのは、師走の風物詩として、古刹のお寺で「すす払い」をしてから、しめ縄をつける行事が13日に行われるからです。


実際はクリスマスが終わり、ツリーを片付けてから
12月26日以降にに飾るお宅が多いようです。

 

どこに飾る?

しめ飾り

しめ飾り・・・玄関、室内のドアや台所まわり 

しめ縄に縁起物をつけたお飾りを言います。

 鏡もち

鏡もち・・・・神棚、床の間、台所、リビング等


縁起物とは?


・裏白・・・・葉裏が白いことから隠し事がない、清廉潔白


・だいだい・・代々家が繁栄するように


・ゆずり葉・・家系が絶えない


・扇・・・・・末広がりの形。一族繁栄


・昆布・・・・喜ぶ


・つる・亀・・長生きすることから長寿


・海老・・・・腰を曲げた老人を連想させ長寿を表す


・ワラ・・・・豊作への感謝と祈願

いつまでに外す?

松の内が終わったら取り外します。松の内は地域によって違います。
関東・・1月7日まで
関西・・1月15日頃までが多いようです

どう処分する?

お正月飾りは「どんと焼き」で処分します

地方によっては、お焚き上げ、どんど焼き、左義長、どんどん焼きと呼ぶようです。


小正月に行われる火まつりの行事で、どんど焼きの煙にのって、年神様は天へお帰りになられます。

 

以前はさまざまな場所で行われていたのですが、消防法の影響で昭和40年代にずいぶん減ってしまいました。


書き初めを持ち寄り、この火で焼いたまゆ玉団子を食べると一年無病息災で過ごせるといわれていました。


まゆ玉とは、柳や竹の枝にまゆ型の菓子種の玉をつけ、その間に小判・たから舟など縁起のよいものを吊るした新年などのかざりもの。

f:id:sannigo:20191220212921p:plain

家庭ごみとして処分したいとき

 

最近は、神社などもどんど焼きを行っていなかったり、仕事で当日行かれない方もいらっしゃいます。その時はこのような処分方法があります。

 

正月飾りをそのままゴミ箱に捨ててしまうのは、罰当たりな気がしますが、基本は地域のごみ処理方法で処分します。

 

でも神様が怒らない?って心配な方は

・お塩で清めた新聞紙や大きな紙でお正月飾りを包みます。

・できれば他のゴミとは違う袋にお正月飾りだけ入れて処分しましょう。 

 

おせち料理

 

3日くらいまでに召しあがればよい

 

神様のお供えで、三が日に掃除や料理などの家事をしないために作られた料理です。


一般的には元旦からいただくのですが、北海道や東北は大晦日に召し上がるところもあるようです。


3日くらいまでに召しあがればよいのですが、最近は消費期限が短いものもあるので、注意して召し上がってください。

 

 

関東・・・1月11日

関西・・・1月20日

 

松の内が終わって(年神様が去って)から、下げておしるこやお雑煮にしていただきます。

 

「鏡開き」や「鏡割り」といいます。刃物で餅を切るのは切腹を連想させるので、手や木槌で割り「切る」「割る」という言葉を避けて「開く」という言葉を使用します。

 

これで、どうにか片付けるところまで来ました。あとは、年末の忙しさは正月準備だけではありません。

計画的に急ぐことなく、のんびりできるといいですね。


今年中にできなくたって良いこと、例えば大掃除とかは、来年暖かくなってからでも大丈夫です。


あせらず、怪我や事故のないように、新年を迎えましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。
では、またです。