sannigoのアラカン日記

アラカン女sannigo(さんご)穏やかな毎日を記録しています。

認知症予防にはシークワーサーの「ノビレチン」が効果あり。

こんにちは、sannigo(さんご)です。

年末から元旦は寒い!と言われていましたが、なぜかとても暖かいです。
初詣に出かけるときにダウンもいらないかも?穏やかな新年が迎えられそうです。

先日、このような記事を書きました。

 

www.sannigo.work

 

以前から、少し物忘れが多いかな?とは思っていました。

JAF MATE(日本自動車連盟)の「運転時認知障害 早見発見チェックリスト」の結果が、「MCI(軽度認知障害)の疑いあり」でした。

アラカンとはいえ、まだ50才代のsannigo(さんご)はかなりショックでした。

最近は、認知症予防の必要性をヒシヒシと感じています。

この令和の時代。

55才以降64才までの方、アラカン世代はまだまだバリバリ働いてる方が大半ではないでしょうか?

定年の年齢も65才に改定されそうな企業も多いです。

定年の年齢は今まで通りだけど、再雇用でガクンと下がった給与をほぼ現役並みの給与にする企業は実際増えています。

まだまだ頑張って働きたい!けど、認知症になったらどうしよう?とお考えの方も多いと思います。

 

先日、友人に聞かれました。

f:id:sannigo:20191230223407p:plain
はてなさん

まだまだ働きたい!でも認知症が心配。何か予防方法はあるの?

 

f:id:sannigo:20191230223751p:plain
こたえさん

シークワーサーに含まれる「ノビレチン」が良いらしいよ

 

こんな会話をしました。

そうなんです。

シークワーサーに含まれる「ノビレチン」にアルツハイマー型の認知症予防効果があるとの研究結果が発表されています。

今回はこの「ノビレチン」について解説していきたいと思います。

ノビレチンを含むシークワーサーの写真

 

私が認知症予防のために始めたこと

①青切りシークワーサー(9月~10月収穫分)を摂取するようにしています。

なぜ青切りシークワーサーなの?

「ノビレチン」は認知症の原因となる脳の中のゴミ(アミロイドβ)をへらす効果があることがわかっています。

その「ノビレチン」はフラボノイドの一種で、柑橘類にふくまれている成分です。

みなさんが普段食べている普通の温州みかんなどにも含まれています。

ただ、このシークワーサーに含まれる「ノビレチン」の量は他の柑橘類と比べると圧倒的に多く含まれています。

その量は日向夏の約6倍、温州みかんの20倍と圧倒的なんです。

しかも青切りシークワーサーに含まれる「ノビレチン」は熟したオレンジの実に比べると約2.5倍多く含まれています。

残念なことに「ノビレチン」が一番多く含まれているのは、シークワーサーの青い皮の部分です。

じゃあシークワーサーのしかも青切り、さらに皮の部分を食べなきゃですよね。

そうなんです。

でも、お察しのとおりにというか、あたりまえに熟す前の青い柑橘類の皮なんて苦くて食べられません。

だから、私はいちばん効率よく「ノビレチン」を多く摂取するためには、摂取時期が青切りのときの皮を含んでジュースにしたものを飲んでいるわけです。

何?じゃあ青切りのシークワーサーを買ってジューサーでジュースにしているの?

いえいえ。この世にはちゃんと青切りのシークワーサーをジュースに加工して販売してくれている業者があるんです。

そしたら、このジュースをソーダや水で割って飲むだけだから超簡単です。

のんべえの私は焼酎のシークワーサージュース&ソーダ割りで飲んだりもします。

 

 

 

ちなみに

シークワーサーの収穫時期は9月から12月くらいです。

 

②11月からのオレンジ色のシークワーサーの摂取方法

写真ACからの完熟シークワーサーの写真

11月になると皮もオレンジ色になり、普通の柑橘類のように実も熟し甘い味になるので熟したシークワーサーをみかんのように食べることもできます。

ただ、みかんほどは甘くないので”ゆず”や”レモン”のようにお刺身にかけたり、お鍋に入れたり、ポン酢風にしたりといろいろ試しています。

先ほども書いたように、ノビレチン量は青切りのほうが2.5倍多いのでわざわざシークワーサーの熟したものを探して購入するのも大変です。

そのような方はやっぱり青切りジュースを利用するのがいちばん楽ちんです。

熟したシークワーサでも、青切りほどではないけどノビレチンを摂取できます。

ノビレチンをしっかり摂る=皮を食べるってことなんです。

そこで我が家は、近所のJAの直売所にて100円で購入しています。

ありがたいことに、沖縄でもないのに私の住んでいる地方では「シークワーサー」を栽培している農家さんがあります。

なので、青切りのものも熟したオレンジ色のものも簡単に手に入ってしまいます。

皮は”ゆず”の代わりにするとけっこう食べられます。

皮をゆず代わりに料理

①白菜の漬物に入れる。

シークワーサーの皮を千切りにする。

皮と果汁を白菜の漬物に入れる。

しばらく時間を置く。

<材料>
シークワーサー20個(約500g)+砂糖150g(あればグラニュー糖)※お好みで増やしてください。
<作り方>
シークワーサーを半分に切る。
果汁をしぼり、ヘタと種を取る。
薄皮と果肉と果汁をボールへ、皮は半分に切って2mm幅の細切りで鍋でひたひたの水で茹でる。
沸騰したら5~10分くらいで茹でこぼす(苦味の調節をお好みでしてください)
茹でた皮とボールの薄皮と果肉と果汁と砂糖を鍋に入れて中火にかける。
水分がなくなれば少しずつ水を加えながら皮がやわらかくなるまで30分くらい煮る。
 
③シークワーサーといちごシロップのジュース
シークワーサーの皮を剥いて種を取ってミキサーにかけてこす。
いちごシロップと水を入れて出来上がり
 


など、おいしく食べてしかも認知症予防できるなんて素晴らしい食べ物ですよね。

持病が糖尿病という方

柑橘類の糖分が持病の糖尿病に悪いんだけど?という方向きの、柑橘類以外の予防法

魚に含まれるDHAや赤ワインのポリフェノールが効果があるようです。

お魚と赤ワインでおしゃれにおいしく認知症予防できます。

まとめ

 

シークワーサーから「ノビレチン」を摂取して認知症予防に心がけるようにしています。

ただ、効率的に摂取しようとすると 

◯収穫時期で一番良いのは9月~10月 青切りでの収穫したものの皮を食す。

◯摂取方法で一番かんたんなのは青い皮を含むジュースや果汁のソーダ割りなど 

◯熟していても、青切りほどではないがノビレチンは摂取できる。甘みも増すのでみかんのように普通に食べても良い。

この辺の情報を生かして効率的に「ノビレチン」の摂取に励みたいと思います。

お正月は、こたつでシークワーサーの皮の入った白菜の漬物をアテに一番搾りを飲むのという最高の新年の過ごし方をしたいと思っています。

実はおせちにもシークワーサーをチョコチョコ入れています。

 

こちらの記事もシークワーサー関係です。よろしかったらどうぞ!

 

 

www.sannigo.work

 

来年もより一層、認知症予防と節約にがんばります(笑)

 

はてなスターや読者登録、ブックマークでお世話になったみなさまへ。
いろいろ、ありがとうございました。
よいお年をお迎えください。