sannigoのアラカン日記

アラカン女sannigo(さんご)穏やかな毎日を記録しています。

『ジャパンラグビー トップリーグ2020』開幕まであと6日!

こんにちは、sannigo(さんご)です。

今日が仕事初めの方、お疲れさまです。少し気温が下がり、通勤も厚着になったことでしょう。
ところで、寒さとラグビーはよく似合いますよね。

寒くなって、いよいよ、トップリーグ開幕まであと6日です。

『ジャパンラグビー トップリーグ2020』

 

f:id:sannigo:20200126221934p:plain

夜行寝台さんによる写真ACからの写真

 

ヤマハ発動機VS トヨタ自動車ヴェルブリッツ

トップリーグでの、

ヤマハ発動機ジュビロ(ラグビー)の初戦

1月12日(日)13:00~ 
VS トヨタ自動車ヴェルブリッツ
開催場所はヤマハスタジアム

 

ツイッターからの情報ですと、

”11:30からは両チームのOBによるレジェンドマッチも開催されます。”とのことです。


嬉しいことに、1月12日(日)1月18日(土)のヤマハスタジアムのチケットは、すでに完売しています。

 

まだ、チケット入手できていない方は、残念でした。

当日券の情報ならまだ、ありました。

 

↓ 当日券はこちらで確認ください。

ヤマハ発動機ジュビロ(ラグビー)の試合のチケット情報 - イープラス

 

先日、ジャージーが5シーズンぶりに、新しくなったというニュースを記事にしました。

↓ こちらを参考になさってください。

www.sannigo.work

 

その後の強化試合の結果です。

1月4日 VS NTTドコモ 13:00キックオフ 会場 大久保グラウンドにて

 

40対38で勝ちました。前半19-17 後半」21-21です。

この勢いで、次回初戦も勝ち進むことを祈っています。

f:id:sannigo:20200106185441j:plain

makieniさんによる、写真ACからの写真

 

ヤマハ発動機のスーツも新しくなりました

なんと!今日は、オフィシャルスーツサプライヤー決定のお知らせがありました

 

今シーズン、ヤマハ発動機ジュビロが着用するスーツは『HACKETT LONDON』が制作するチームスーツに決まったとのことです。

 

HACKETTLONDON(ハケット ロンドン)


ラグビー発祥国である、英国のライフスタイルが凝固されたエッセンシャル・ブリティッシュ・キットを提案するブランドとして知られています。


今シーズン、ヤマハ発動機ジュビロが着用するスーツのデザインは、ヤマハ発動機ジュビロ専用のスペックとなり、チームカラーの紫黒色をイメージさせる紫がかったネイビーの生地に、シャツにはチームカラーのサックスブルーをスタイリング。

 

ネクタイはツヤのあるネイビーサテン地に英国紳士定番のピンドット柄を採用し控えめな華やかさを演出しています。

 

今シーズンはヤマハ発動機ジュビロのグラウンドの外での装いにもどうぞご注目下さい。

引用元

オフィシャルスーツサプライヤー決定のお知らせ - インフォメーション | ヤマハ発動機ジュビロ(ラグビー)

ハケットロンドンは、“英国風”の本家本元で、英国流のおしゃれの真髄なんです。

そこで、その本家本元を調べてみました。

 

ハケットロンドンについて

ブランドのはじまり


ハケット ロンドン (HACKETT LONDON)は、英国スタイルの最たる象徴として、ヨーロッパを中心に世界各国で展開するメンズブランド。

 

1983年に、ロンドンのニューキングス・ロードにジェレミー・ハケットが「ハケット」を創業。


1953年、創業者のジェレミー・ハケット(Jeremy Hackett)は、イギリスのウィルト州ディバイゼルスに生まれます。


1979年に、ハケットはアシュレイ・ロイド・ジェニングス(Ashley Lloyd-Jennings)とアンティークマーケットで有名なノッティングヒルのポートベロー・ロードで出会いました。


意気投合したこの2人が、パートナーシップを組み、紳士服のビジネス(良質な古着をリメイクして売るなど)に取り組みだしました。

 

この関係は今も続いているそうです。


1983年、ニューキングス・ロードに「ハケット」の1号店オープン。オープン当初、良質な古着やアクセサリーを販売し、ハケットの目利きの良さでショップは、評判になりました。

1985年、天然素材の紳士服を新たに作ることを決意し、デザイン、製造、販売をスタートします。

1980年代後半に、イギリス以外の国にも顧客が増え、1989年、スペインのマドリードにショップをオープンしました。


1991年までには、ついにハケットロンドンに7店舗を展開するまでになったのです。
1992年、アルフレッド・ダンヒルが買収。ダンヒルの資金力でショップの展開をさらに広げていきます。


1990年代にイングランドラグビーチームの公式スポンサーとなります。
2003年、オーストラリア開催の、ラグビーワールドカップで、イングランドが優勝した際にはハケットのスーツも話題だったようです。

2013年、サッカークラブ「チェルシーFC」のオフィシャルサプライヤーとなります。2016年までの期間、ファーストチーム、マネジメントスタッフ、コーチングスタッフのオフィシャルスーツを提供しています。

 

2019年、ラグビーチーム「ブリティッシュ・アンド・アイリッシュ・ライオンズ」の公式プレミアムウェアメーカーに任命されます。

 

2019年6月から2021年7月までのツアー・南アフリカにおける3年間のパートナーシップを提携しました。


日本では、本社100%子会社のハケット・ジャパンを設立。

 

2009年、4月、東京丸の内にハケットショップをオープン。日本市場への再進出ともなるショップでは、スーツをはじめカジュアルから小物まで、トータルラインナップを取り揃え、真の英国スタイルを発信しています。

参照元  

ハケットロンドン : HACKETT LONDON - ファッションプレス

 

ラグビーとのつながり

 

ハケットロンドンは、1990年代からラグビーイングランドチームの、公式スポンサーなんですね。

 

さらに、2003年にはすでにワールドカップでイングランドチームが、着用していたハケットのスーツが話題になっていたなんて!

 

ラグビーチーム「ブリティッシュ・アンド・アイリッシュ・ライオンズ」の公式プレミアムウェアメーカーに任命。

 

2019年6月から2021年7月までのツアー・南アフリカにおける3年間のパートナーシップを提携するそうです。

 

ハケットとラグビーのつながりは深いようですね。

ハケットのホームページをちょっと覗いてみたのですが・・・

 

『ユニクロ』大好きで、『しまむら』だって『あかのれん』だって常連なアラカンsannnigo(さんご)には、ゼロがふたつほど多い感じです。

 

英国紳士のスポーツ「ラグビー」を愛する以上は、バリッとスーツを決めてもらいたいものです。東京と大阪にお店があります。

 

 おすすめ

 

スーツは着ないんですけど・・・という方は

Tシャツだって、かっこいいです。

 

 

シルクのネクタイもあるようで。

ひとつ選手と同じブランドを身につけたいというのも、ファンならではの心理です。

いろいろなアイテムが揃っていて彼氏や旦那様が身につけたらグッといい男になってしまいそうです。

 

 

目の保養になりました(笑)

まとめ 

正月気分で過ごしていると、知らぬ間に今シーズンの新ドラマも始まるし、トップリーグも始まるし、のんびりはしていられません。

 

昨年のワールドカップ人気をお正月特番の代表選手の出演などで、このまますばらしい状態で継続しつつ、トップリーグがより一層盛り上がることを期待しています。

 

ラグビーは見ておもしろい、応援して感動できるすばらしいスポーツです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

では、またです。