sannigoのアラカン日記

アラカン女sannigo(さんご)穏やかな毎日を記録しています。

50代の転職で介護福祉士になる!のは、ハードル低いです。

 こんばんは、sannigo(さんご)です。
今朝の新聞に2件の大麻絡みのニュース記事がありました。『大麻』って割りと近い存在なのかな?と驚いています。

・『日大ラグビー部員大麻所持疑いで逮捕 部の活動 無期限停止』

・相模原市の知的障害者施設「津久井やまゆり園」で2016年、入所者ら45人が殺傷された事件で、殺人罪などに問われた元施設職員、植松聖被告(30)の裁判員裁判の第6回公判が20日、横浜市車で横浜地裁で開かれた。

ラグビーと介護、とても大麻には縁がなさそうだけど、現実はちがうんですね。

 

f:id:sannigo:20200420125608j:plain

50代の転職で介護福祉士になる!のは、ハードル低いです。

 

はじめに

 

「大企業に入って親孝行!大企業に入れば一生困らない!」
このような言葉は、もう信じてはいけない時代に入ってきたように思います。


そこで、
早期退職はしたけど・・・
リストラにあっちゃった・・・


なんていう50代は再就職がむずかしいと言われています。
果たして本当にむずかしいでしょうか?


そこで、介護の世界はいかがでしょうか?

今回は、50才と5ヶ月で介護の世界へ飛び込み、3ヶ月の研修後、グループホームで働きながら実務者研修修了。


3年11ヶ月後には介護福祉士登録証を受け取ることができたsannigo(さんご)が解説していきます。

 

50代の転職で介護福祉士になる!のは、ハードル低いです。

 

50代の現実

最近の早期退職者募集やリストラ報道

2019年に「早期・希望退職」実施した上場企業数は、過去5年間で過去最多の36社で対象人員は1万1351人。


2018年の12社から約3倍になったそうです。
※企業信用調査の東京商工リサーチ(TSR)発表


今年の2020年はもっと多くなるのではないでしょうか?


50才で退職して、キャリアや実績、資格があれば他企業への就職もありでしょうが、どうでしょう?


2020年のオリンピック終了後には、バブル崩壊と同じこと、もしくはそれ以上のことが起きると言われています。(なんと「ホンマでっかテレビ」で知ったのです。)

実際に報道があった企業

みずほ証券:50才以上の早期退職
朝日新聞:高額の退職金提示、早期退職
三井E&S:1000人のリストラ
セブン&アイHD4:3000人のリストラ
キリン:リストラ着手
日産:全世界で1万人超えのリストラ
損保ジャパン:介護分野への配置転換
富士通:早期退職制度
三菱UFJ銀行:店舗の大量閉鎖

などです。

CASEが既存の自動車産業を壊す

CASEって何?

「CASE(ケース)とは、自動産業の競争力を決める「4つの技術トレンド」の頭文字から取った造語。
      ↓↓↓↓↓ 
CASE=4つの技術トレンド

C→Connectedコネクテッド(接続)
A→Autonomous(自動運転)
S→Shared/Service(シェアリング&サービス)
E→Electric(電動化)


車の価値が根底から覆り、既存の完成車・自動車部品メーカーは劇的な変貌が求められる。


もともと、CASEという言葉は2016年9月のパリモーターショーで発表された『造語』

引用元 週間ダイヤモンド2019/1/23

 

そして、CASEの波は従来型の自動車産業を崩壊させると言われています。


『ホンダ』『TOYOTA』『NISSAN』『ダイハツ』『三菱』『SUZUKI』『スバル』などと系列の自動車部品メーカーが代表的企業です。

 

50才代の求職者が増えることは必至ではないでしょうか?実は、もう始まっているかも知れません。

50才代で介護という選択はいかがでしょうか?

介護福祉士のメリット

・ご自身の親御さんの介護に役立つ知識が得られる。
・介護職の中で唯一の国家資格
・介護の専門職として知識や技術を有している証明
・利用者・職場から信頼が得られる。
・介護の専門職として証明できるので家族にも安心を与えられる。

介護福祉士のデメリット


・受験資格を満たし、1年に1度の介護福祉士国家試験に合格する必要がある。

 

受験資格

大きく4つのルートがあります。


①介護福祉士養成施設の卒業者を対象とする「養成施設ルート」
②福祉系高校の卒業者を対象とする「福祉系高校ルート」
③介護業務の実務経験者を対象とする「実務経験ルート」
④経済連携協定(EPA)による来日者を対象とする「経済連携協定ルート」

50代以上の再就職で介護福祉士になる方法

「実務経験ルート」になります。

  

3年以上の実務経験+実務者研修修了の条件を満たすことで、国家試験の受験資格を得られます。

 

ここでいう実務経験は実働日数540日以上です。つまり従業期間3年(1095日)以上+従事日数540日以上です。


学歴・年齢・性別不問です。


国家試験は実務試験は免除となります。受験は筆記試験だけですので、働きながら資格取得が目指せます。

 

だから、入職後1年後くらいから3年目ぐらいで働きながら実務者研修を受けて、3年で資格取得できます。


最速4年目には介護福祉士としてスタートすることも可能です。もちろん収入も上がります。

お婆さんの車椅子を押している、優しそうな介護士(ヘルパーさん)のイラストです。
私の介護福祉士までの履歴

50才6月~9月 「介護福祉士初任者研修」
50才10月 介護施設に就職
52才1月~3月 3か月程度、週1日「実務者研修」
54才1月 「介護福祉士国家試験」受験

54才3月下旬 合格発表

55才4月 介護福祉士登録証受け取る

実質3年11ヶ月で国家資格を取得できました。

研修費用は、わずかに6万円ほど


実際に50才で「介護職員」という道を選んだ。

ハローワークで相談

「介護職員初任者研修」をハローワークの「求職者支援制度」の職業訓練受講給付金制度で職業訓練給付金をもらいながら、「介護職員初任者研修」を受講料なしのテキスト代などの自己負担金1万円程度で修了しました。もちろん通学手当も出ました。

研修先のグループホームへ就職

働きながら就職先の研修制度を利用して半額で「実務者研修」受講5万円ほど

介護福祉士資格取得

※研修はハローワークや就職先の研修制度を利用すると費用はほとんどかかりません

 

まとめ

2020年開催のオリンピック終了後、バブル崩壊と同じこと、もしくはそれ以上のことが起きた時、もし50才代で仕事を失ったら、介護福祉士という選択肢もアリです。

 

ハローワークの支援『職業訓練給付金』で研修を受けて、介護施設や訪問介護、病院などに就職できます。

 

就職したら、仕事をしながら『実務者研修』を就職先の研修制度を使って、修了しましょう。

 

従業期間3年(1095日)以上+従事日数540日以上の条件をクリアできたら、あとは、「介護福祉士」の国家試験に挑戦です。

 

合格すれば、「介護福祉士」として信用を得て、仕事も生活も充実したものにできます。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

では、またです。