sannigoのアラカン日記

アラカン女sannigo(さんご)穏やかな毎日を記録しています。

昨日終わった「浜松シティマラソン」来年こそは出場してみたいわ~。

こんにちは、sannigo(さんご)です。今日はめっちゃくちゃ良いお天気です。

青空がめいっぱい広がって、そして最低気温8度です。暖かいわぁ、過ごしやすいですが、これって花粉がたくさん飛び散ってしまいませんか?花粉症対策しましょう!


静岡県浜松市内で昨日「第16回浜松シティマラソン」が無事終了しました。会場は雨が降る天気の中、全国から集まった約6700人の市民ランナーが出場し賑わいました。

第16回浜松シティーマラソンのポスター

朝から雨が降っていたのでどうかしら?って思っていたのですが、無事に終わったようで良かったです。

 

「第16回シティーマラソン」昨日無事終了!

「第16回浜松シティーマラソン」交通規制

私たちのように普通にマラソンをしない市民は毎年のことですが、ただただ交通規制が心配なのです。

各コースのスタート時間は押さえて置くのが市民として当たり前のことなんです。

今回のハーフマラソンのスタート時間は午前9:00,5kmコースが午前9:00、1.5kmコースが8:25~

       ⬆今回のハーフマラソンの交通規制

 

第16回シティーマラソンさんからお借りしました。

 

これだけ押さえておけば大丈夫でしょう!

ハーフマラソンコース(21.0975 km)は、浜松市役所をスタートして街中の駅前からアクト方向へ。楽器博物館を左折し助信から赤電高架沿いを走ります。

さらにゴールの四ツ池公園をながめながら通過して航空自衛隊浜松基地を横目で見ながら高丘まで進みます。そこから折り返し地点に向かいます。この高丘あたりもに約11:00頃までは通過するランナーが居そうなので交通規制がありますよね。

折り返し地点から同じコースを戻し、フィニッシュの四ツ池公園到着は遅くても11:30頃。


というわけで、午前中は車では出かけない!のが一番の回避方法です。

 

このハーフマラソンコースの他にも、主会場の四ツ池公園陸上競技場(中区上島)周辺を走る5 km、 1.5 kmの 全26もの部門に分かれてたくさんの選手が完走したようです。

いつも、会場の四ツ池公園ではおいしい屋台が出るので食したり、存じ上げもしない選手がゴールする姿を見るために四ツ池公園に出かけます。

走り終わった後の清々しいランナーの姿や、ゴールに倒れ込むように必死で走ったにわかランナーを見るたびに、来年こそは!私も!って思ってしまうんです。

還暦を迎える前には一度くらい参加したい!と毎年の開催日の晩酌では大いに盛り上がるのです。

ところが、翌年もいつものように観覧者になってしまうという情けないアラカンです。

どうでしょうかね?この無謀な挑戦。昨日今年の大会が終わったばかりです。今から準備したら実現可能だと思いますか?一晩ゆっくり考えてみましょうね。

 

もし、参加すると決心したらこういう便利なグッズを付けて練習に励みたいんだよね。

 

 

 

これは、なんと「時計が電話に早変わり」で電話になるスマートウォッチというキャッチフレーズの時計?電話?万歩計?な『EaerBand(イヤーバンド)V08S/J』と言います。

EaerBand(イヤーバンド)V08S/J』とは?

まぁ、見た感じは時計ですよね。普段ウォーキングやマラソン、などでも使えそうな防水タイプです。

【健康管理】

スリムなブレスレット型のフィットネストラッカー*1で、スマートに健康管理できるんですって。なんかよくわからんけど万歩計の性能のいいヤツ!でしょ?


・運動消費カロリーを自動記録

・歩数・心拍数なども自動記録

※ランニングやサイクリング、ウォーキング、筋トレなどの運動消費カロリーや歩数・心拍数などを自動記録するんですよ。


ワンプッシュでハンズフリー通話ができるヘッドセットイヤホンに。

表示部分が外れてイヤホンになります

 

イヤホンしている男性

表示部分が外れて、通話もできて音楽も聞ける。
・ワンプッシュでハンズフリー通話ができるヘッドセットイヤホン

・着信をバイブレーションとカラーディスプレイでお知らせ。

・音楽を楽しむ

※表示部分を外すとイヤホンになります。

何だかよくわからないけどすごいでしょ?

私は万歩計+時計+防水で充分なんですけど・・・

音楽は聞けるは、電話をかけたり受けたりもできるなんて、すごいものがあることを知ってしまいました。

マラソンやウォーキングの時に着けてたらかっこよくないですか?

実は欲しいんですよね。腕時計を買っても2万円位はしますよね。

これ16,500円(税込)

買えないことないよね!!買っちゃおうかな?

 

話がだいぶズレました。ごめんなさい。もとに戻します。

 

 コースはこれだけあります。

ハーフマラソン (公認コース)高校生以上
制限時間:13.6km地点:95分、19.0km地点:130分、フィニッシュ地点:150分
5kmの部中学生以上
制限時間:4km地点:32分、フィニッシュ地点:40分
1.5kmの部小学生3~6年生、ファミリー(ペア=小学生及び成人の保護者)
制限時間:フィニッシュ地点:10分、フィニッシュ地点:15分(ファミリーの部)

 

私が参加しようとしているのは?

⬇このコースです

5kmの部中学生以上
制限時間:4km地点:32分、フィニッシュ地点:40分   参加料3,000円(税込)

参照元 第16回シティーマラソン

 

『第16回浜松シティーマラソン』出来事

先導に白バイ登場

ハーフの部では、かっこよく県警の白バイ隊が先導したんです。レース終了後は参加者らで賑わう浜松球場前に二台が展示されて、子どもたちがまたがって記念撮影する姿が見られました。

先回のワールドカップの時の浜松駅のファンゾーンにも、確かかっこいいパトカーが展示されていました。制服を着て子どもたちが記念撮影をしていました。最近はこういう行事にパトカーや白バイ、救急車に消防車と毎回展示されています。

この四ツ池の白バイにも「かっこいい」と男の子たちは次々とまたがっていましたが、この中から未来の白バイ隊が生まれることを期待しての展示なんでしょうか?アピールがすごい!

ハーフ男子のトップランナー

ハーフ男子29才以下の部は日本体育大3年で、浜松日体校卒の亀田優太朗さんが地元浜松で見事に優勝です。1時間6分55秒のタイムにはご本人は「全然だめです」と苦笑いしたようですね。

自己ベストは1時間3分30秒だそうですから、ちょっと雨も降っていたし走りにくかったかもですね。

沖縄から参加ハーフ山田さん

沖縄県からの参加の会社員山田久剛さんもハーフの部に出場しました。山田久剛さんは昨年まで浜松に仕事で2年間住んでいたようです。
浜松時代の上司に誘われて出場を決めたとのことですね。

今回のシティーマラソンのために 、週に1回自宅周りを走って準備を重ねたそうです。
地元沖縄では既に冷房をつけるほどの暑さだそうです。本当に沖縄って暑いんだね。「浜松は寒いかなと思って来たけど、想像より寒くなかった」そうで、どこも例年より非常に暖かいってことでしょうね。

以前の浜松シティマラソン開催日は非常にというより異常に寒くて、めったに振らない雪が降ることもしばしばでした。

これからどんどん暖かくなって、来年も今年くらいの気温です!って誰かが言い切ってくれたら・・・参加してしまいましょうか!?


この沖縄の山田さんは浜松に住んでいる時には、仕事が忙しくてなかなか街中を巡る時間がなかったそうです。「今日は浜松名物を仲間と食べてから帰ります」と笑顔だったようですね、本当にもったいない!

2年も浜松に住んでいたなら、「うなぎ」に「ぎょうざ」に「遠州焼き」おいしいものがたくさんありましたものを。

働き方改革をしてもらってくださいね。(笑)


年の差65歳完走

家族が二人三脚で手をつないで走る1.5kmファミリーの部ってのもあります。

仲良く親子が駆け抜けていく中、手をつなぎながらゆっくりと着実に足をすすめゴールを切ったのが、磐田市の機械製造会社社長の鶴牧さんとお孫さんの萩丘小1年の晟弥くん。

最後は元気な晟也くんに手を引っ張られながらおじいちゃんがゴール。
これまで6回参加のおじいちゃん。1.5kmのファミリーの部は初めて。「なんとか走れて良かったです。それだけです」と語り、孫との完走を噛み締めていたという記事でした。

 

・「老いては子に従え」

・「心は丸く、気は長く、腹は立てず」

・「70でお迎えがきたら、まだまだ早いと追い返せ!90でお迎えがきたら、そろそろこちらから行くからと追い返せ!」
・「子供叱るな来た道だもの、年寄り笑うな行く道だもの 来た道 行く道 二人旅 これから通る今日の道 通り直しの出来ぬ道」


などなど、社長の心にもいろいろな気持ちが走ったことでしょう。

号外

「さっきの写真がもう載ってる」中日新聞が当日の様子を盛り込んだ「号外」を四ツ池公園陸上競技場で参加者らに無料で配られました

パソコンやプリンターを搭載したマイクロバス「ドラゴン号」というのが中日新聞にはあるようです。

この「ドラゴン号」を使い、今回はこのシティーマラソン大会の現場で作成。

午前9:30過ぎにはスタートを待つ様子や浜松の街中を走るランナーを捉えた写真などをカラー刷りした紙面が完成って素晴らしくないですか?

今年のオリンピック会場でもこういう「号外」がたくさん出るんでしょうね。オリンピックのチケット一枚も持ってないけど・・・言ってみました。

うわさの「厚底シューズ」

今、話題の「厚底シューズ」の話題です。

今年の夏開催のオリンピックでは、条件付きで使用可能なナイキ製の「厚底シューズ」ですが、浜松シティーマラソンでは使用者は果たして居たのでしょうか?

中日新聞のお題にもなっています。「好タイム出る」「値段高い」この記事中にもありますが、市民ランナーだって速く走りたいんです。

この日も男子の上位者らが使っていたようですが、現役選手からは身体能力や手法によって怪我のリスクがあるという声も上がったとのことですね。

新聞紙面上の写真はカラフルなシューズを履いたランナーらの胸から下のみが掲載されています。「明らかに履いてますね」というメッセージが込められているようです。

きっと、どこのシティーマラソンの大会でも同じ状況と思われます。

そりゃーお金さえ出せば速くなれるんだろう。だったら履きますよ!って感じでしょうか?

マスクや消毒液

今回は新型ウイルスの感染拡大を受けて、シティーマラソン実行委員会で会場やコースに消毒液を設けたり、スタッフはマスク着用で感染予防に努めたようです。

 

給水所でももちろん、マスクをつけたボランティアさんがドリンクを渡していました。

浜松市役所や四ツ池公園陸上競技場の更衣室やトイレ、コースの給水所などに「消毒液」うがいや手洗いを促す「張り紙」をしてどうにか乗り切ったようです。

今後「コロナウイルスの感染」はまだまだ続きそうですよね。「不要不急の集まりを避けてもらいたい」と言われていますが、オリンピック開催はできるんでしょうか?

きっとまだ終息までには3ヶ月以上はかかるのではないでしょうか?

とても心配です。

参照元 中日新聞 浜松シティーマラソン

www.google.com

最後に

今日でこのブログを始めてから5ヶ月目に入ります。なかなか伸びないですね。いまだにグーグルアドセンスは不合格です。しかもあきらめてしまいました。

なんとなく儲けられるの?なんて始めたのですが・・・結果な~んにも儲からないです。私だけ~?

ですが、物を調べるのが好きなので今後も細々と続けていきたいと思います。ので今後もヨロシクおねがいします。

だが、しか~し、

ここまで、どうにかこうにか4ヶ月ブログを続けてこられたのは、「はてなスター」や「ブックマーク」、「コメントを下さった皆様」「読者さま」のおかげです。いつも本当にありがとうございます。感謝しかありません。

春にもなりますし、そろそろ下手なブログは更新ペースを落として、シルバー派遣で働こう!と考え始めました。(こちらが思っても雇ってくれるかはわかりませんが)

そんなこんなで体力も必要なので、ひきこもりから脱出してシティーマラソン出場を目指すベく、まずはウォーキングを毎日できたらなぁ!と思っているところです。


ところが、「不要、不急の外出は控えて」と言われてしまったので、引きこもりにピッタリの体力つくりを見つけました。

 予定は未定!どうなるかは謎です。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
では、またです。

*1:歩行距離・走行距離、消費カロリー、場合によっては心拍数などのフィットネス関連の指標を監視及び追跡するためのアプリケーションです。ウェアラブルコンピューターの一種です。