sannigoのアラカン日記

アラカン女sannigo(さんご)穏やかな毎日を記録しています。

3.11 東日本大震災から9年「私たちにできる防災」

こんにちは、sannigo(さんご)です。

今日は3月11日です。
東日本大震災発生から9年が過ぎました。
今年はコロナウイルスの感染症対策で追悼式や追悼行事はかなり中止されたと報じられています。
心のなかで、被害に遭われた方たちを悼みたいと思います。

そこで今朝知ったのですが、

「3.11 検索は応援になる」


Yahooで「3.11 検索は応援になる」ようです。

Yahooで「3.11」と検索するだけで、ひとりにつき10円をYahoo! JAPANから復興支援のために寄付してくれます。

私も検索してみました。検索することぐらいしか出来ませんが、少し気持ちのザワザワがおさまりました。

13:00.時点ですでに3,458,476件検索されていました。
ぜひ、お時間のある方は検索してみてくださいませ。

 

さらに安倍首相が昨日の10日新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえた全国的なスポーツや文化イベントに実施自粛要請について「今後おおむね10日間程度の延長を求める」と表明されました。


「この1~2週間が感染拡大防止に極めて重要だ。国民一丸で対策をさらに進める」とのことです。

 

私たちにできる防災

f:id:sannigo:20200311222436j:plain

写真ACからの消火栓の写真

 

3.11やコロナウイルスの感染拡大にしても、災害などへの理解を深め、今後の大きな地震や台風の災害やコロナウイルスの感染拡大防止で私たちにできることをやるしかないと改めて感じます。

 

地震の防災

我が家の冷蔵庫にいつの間にか貼ってあったために引用元も参照元も不明なのですが、どなたか知っていたら教えていたけるとうれしいです。

それは「自分と家族を守る地震への心得10カ条」というものです。

マンションの管理組合からか自治会からだとは思います。

 

【自分と家族を守る地震への心得10カ条】


①まず我が身の安全を図れ

 なによりも大切なのは命。地震が起きたら、まず第一に身の安全を確保する。

②すばやく火の始末
 ~あわてず、さわがず冷静に~  「火を消せ!」とみんなで声 を掛け合い調理器具や暖房器具などの火を確実に消す。

③非常出口を確保する
 とくに鉄筋コンクリートの建物にいるときは、閉めたままだと建 物がゆがみ、出入り口が開かなくなることがある。

 

④火が出たらまず消化
 「火事だ!」と大声で叫び、隣近所にも協力を求め初期消火につとめる。

 

⑤外に逃げるときはあわてずに
 外に逃げるときは、瓦やガラスなどの落下物に注意し、落ち着いた行動を。

 

⑥せまい路地、塀がわ、がけや川べりに近寄らない

 ブロック塀、門柱、自動販売機などは倒れやすいので要注意。

 

⑦山崩れ、がけ崩れ、津波に注意する

 山間部や海岸地帯で地震を感じたら、早めの避難体制を。

 

⑧避難は徒歩で、持ち物は最小限にする

 指定された避難場所に徒歩で避難を。車やオートバイは使わない。

 

⑨みんなが協力し合って応急救護

 お年寄りや身体の不自由な人、けが人などに声をかけ、みんなで助け合う。

 

⑩正しい情報をつかみ、余震を恐れるな

 デマや流言に惑わされない。冷静な判断と着実な行動を。

 

★リュックサックの中に入れるものを家族で話し合いましょう!

 

【家族の人数の7日分が必要とされています】


台風の防災 気象庁

 

自分で行う災害への備え

台風や大雨は、毎年大きな災害をもたらします。

警報などの防災気象情報を利用して、被害を未然に防いだり、軽減することが可能です。

テレビやラジオなどの気象情報に十分注意してください。

台風や大雨の危険が近づいているというニュースや気象情報を見たり聞いたりしたら、災害への備えをもう一度確認しましょう。


家の外の備え

大雨が降る前、風が強くなる前に行いましょう。

・窓や雨戸はしっかりとカギをかけ、必要に応じて補強する。
・側溝や排水口は掃除して水はけを良くしておく。
・風で飛ばされそうな物は飛ばないよう固定したり、家の中へ格納する。

家の中の備え

・非常用品の確認
 懐中電灯、携帯用ラジオ(乾電池)、救急薬品、衣類、非常用食品、携帯ボンベ式コンロ、貴重品など
・室内からの安全対策
 飛散防止フィルムなどを窓ガラスに貼ったり、万一の飛来物の飛び込みに備えてカーテンやブラインドをおろしておく。
・水の確保
 断水に備えて飲料水を確保するほか、浴槽に水を張るなどして生活用水を確保する。

 

避難場所の確認など

・学校や公民館など、避難場所として指定されている場所への避難経路を確認しておく。
・普段から家族で避難場所や連絡方法などを話し合っておく。
・避難するときは、持ち物を最小限にして、両手が使えるようにしておく。

 

非常持ち出し品を用意しましょう。

以下は非常持ち出し品の一例です。

・リュックサック
・飲料水、乾パンやクラッカーなど、レトルト食品、缶詰、粉ミルク、哺乳ビンなど
・救急医薬品、常備薬、マスク、紙おむつ、生理用品
・現金(小銭も)、預金通帳など、印鑑、健康保険証など、身分証明書
・下着、タオル、寝袋、雨具、軍手、靴
・ナイフ、缶切、鍋や水筒、懐中電灯、ラジオ、電池、ロープ、マッチやライター、使い捨てのカイロ、ティッシュなど、筆記用具、ごみ袋
・防災頭巾やヘルメット、予備の眼鏡など、地図

 

 引用元

気象庁|台風や集中豪雨から身を守るために ~自分で行う災害への備え~

 

f:id:sannigo:20200311222643j:plain

防災用リュックと中身 写真ACからの写真

 

コロナウイルスの感染拡大防止で私にできること

 

引き続きの引きこもりで「不要不急の外出を控える」ことですが、もう数ヶ月ずっと「不要不急の外出は控えてまして・・・ 

唯一の外出が、
・「ヤマハ発動機」のラグビーの試合観戦
・食料品と日用品の買い物
・ウォーキングを兼ねた地域イベント

このくらいなので試合やイベントが中止することが多い現在はずっと家にいます(笑)

これ以上の防災はないのでは?と思っています。

 

最後に

今日の3月11日で「東日本大震災」から9年が経ちました。

まだ行方不明の方が2,529人にも上るという現実があります。

現在も地球は「温暖化」と「コロナウイルスによる感染」などにより不安材料がいっぱいです。

さらに警戒されている巨大地震もあります。

台風も毎回のように上陸し甚大な被害を受け、竜巻も頻繁に起きています。

いつ、何が起きてもおかしくないようなこの状態の中で、人はどうしたらよいのでしょうか?

ただ、自分にできる備えをしていくしか思いつきません。

明日は、避難持ち出し用のリュックサックを点検することにします。

 

ひかりTVショッピングの【防災の達人】で探すといろいろあります。

 

 

こちらの記事で【ひかりTVショッピング】を詳しく説明しています。

ragubiko.sannigo.work

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

では、またです。