sannigoのアラカン日記

アラカン女sannigo(さんご)穏やかな毎日を記録しています。

Amazon プライムの年会費は高くないですか?すぐに解約できるの?

こんにちは、sannigo(さんご)です。

Amazon プライム会員になると、「Amazonで買い物した商品の配送料が無料でお得です」ってよく聞きますよね。

最近はお買い物に出かけるのも億劫だし、買い物したとしても荷物をいちいち部屋まで運ぶのが年だからもうたいへん!!


そんな中高年のみなさまの利用も多いのではないでしょうか?もちろん私もアラカンなので、買い物が面倒だし大変!!だからプライム会員の年会費が3,900円の時代から4,900円に値上がりしてからもずっと利用しています。

 

プライム会員の年会費が3,900円の時から4,900円になった今でも利用している私はよく同僚に相談されます。

 

f:id:sannigo:20191230223751p:plain

はてなさん

プライム会員って年会費4900円も払うの?高くない?

f:id:sannigo:20191230223407p:plain
こたえさん

やっぱり高いと思うよね。でも私はかなり満足しているよ。

f:id:sannigo:20191230223751p:plain
はてなさん

どんなところに満足しているの?

f:id:sannigo:20191230223407p:plainこたえさん

「Prime Video」と「Prime Music」のサービスだけでも年会費4,900円分の元は取れてるからね。

さらに配送料は「お急ぎ便」でも「お届け日時指定便」でも無料っていうのがうれしいよ。

 

Amazon プライムって本当にメリットはあるのかな?実はファミリー向けで一人暮らしだと逆に損しちゃうんじゃない?って思っているかたが多いようです。

そこで今回はAmazon プライムの特典をしっかり吟味して年会費の4,900円がお得かどうか検証したいと思います。

 

Amazonプライムの年会費は高くないですか?すぐに解約できるの?[写真AC]

 

 

Amazon プライムの年会費は高くないですか?

 

 

Amazon プライムって?というかたもいらっしゃると思います。Amazon プライムとは?

Amazon プライムは、年間プラン4,900円(税込)で、迅速で便利な配送特典や、プライム会員特典に含まれるPrime Video、Prime Music、Amazon Photos、Prime Reading等のデジタル特典を追加料金なしで使える会員制プログラムです。

引用元:Amazon.co.jp

  

Amazonでお買い物をする機会が多いかたなら、いつでも送料が無料になる年会費4,900円(税込)のAmazon プライムを契約したほうがお得というのはよく聞かれますよね。

 

 

Amazon プライム会員にお得なサービスは「Prime Video」と「Amazon Music」だけと思っていませんか?実は「Prime Video」と「Amazon Music」を含め14個もあります。

 

ではこれから14個の特典を説明していきます。


プライム会員の特典一覧

 

① 配送特典

 

<Amazon プライム会員が発送する場合>

・配送料金は基本無料です。

 (もちろん配送オプションのお急ぎ便、お届け日時指定便も無料です)

 

<Amazon プライム会員でない方が発送する場合>

一部の商品を除き、以下の配送料(税込)がかかります。

【通常配送の発送料】
・注文金額が2,000円以上の場合は無料

・注文金額が2,000円に満たない場合

  (本州・四国は410円)(北海道、九州・沖縄・離島は450円)     

※1回の注文で2か所以上に配送する場合は、配送先ごとに配送料がかかります。
※発送オプションで「準備ができた商品から順に発送」を選択した場合、発送ごとに配送料が加算されます。

 

【お急ぎ便の配送料】

・お急ぎ便   本州・四国 510円  北海道・九州 550円

・当日お急ぎ便 本州・四国 610円  北海道・九州 650円

・ラッシュ便  本州・四国 710円  北海道・九州  ー

・発売日/発売日前日にお届け 370円


☑sannigo

たとえば、1kgのあきたこまちだけとか、おとぎの国の強炭酸ソーダ(マツコ有吉 かりそめ天国で紹介)1本とかをお急ぎ便購入という人はあまりいないでしょう。

私の場合はお米を買うなら5kg以上だし、ウイスキー・ソーダなどの重いものとトイレットペーパー、ティッシュペーパーのようにかさばるものを一一気に購入します。

結局注文金額はだいたい2,000円以上になるので、もしAmazon プライム会員でなくても配送料は無料です。配送料だけで4900円の会費を無駄にしないためには、1回の注文が2,000円以下で、配送場所が同じなら12回注文する必要があります

 

なかなかこのパターンでの購入は思いつかないですけど、マンガ本の最新版1冊とか、旅行用の洗濯洗剤など緊急に購入しなくちゃいけないものはあるかも?

そんな時は合わせ買いという技を使います。プライム会員の特典2,000円以上は配送料無料を逆手に取って注文額をいつも2,000円以上にして無料で配送してもらう方法です。

 

 <合わせ買い>

「合わせ買い」というサービスは購入する合計金額が2000円以上になることを条件に通常価格より割安に購入できるサービスです。

ティッシュペーパーやトイレットペーパー、詰め替え用の洗剤といった日用品からペットのための缶詰やレトルト、チオビタみたいな栄養ドリンクなどなど様々な商品が対象として用意されています。全ての商品が安いわけではないのですが、2,000円以上の金額にするために「合わせ買い」を利用してAmazon プライムでの配送料を無料にできれば節約につながります。

 

どうしたら画面に出てくるかと言いますと合わせ買い対象商品]で検索すれば簡単に出てきます。

 

▼たとえば[ドラッグストア・合わせ買い対象商品]で検索してみてください。

     ⬇

日用品・化粧品での合わせ買いのおすすめ商品がズラッと並びます。

 

▼今度は[すべて・合わせ買い対象商品]で検索するとたくさんの種類が出てきます。

     ⬇

ありとあらゆるものでの合わせ買いのおすすめ商品がズラッと並びます。

  

②Prime Video

部屋でくつろぎながらテレビを楽しむカエルのイラスト[イラストAC]

 

Amazon プライム会員なら、追加登録なし&追加料金なしでみんなが観ている話題の最新海外ドラマのほか、会員特典対象の映画・ドラマ・アニメ・お笑いなどが見放題です。さらにレンタルの最新の映画なども登録なしで、課金のみで楽しめます。

もちろん、TVでもスマートフォンでもPCなどでも楽しめます。

③Prime Music

 

プライム会員になるとPrime Musicのアプリを通して200万曲以上が追加料金なしで聴き放題になります。洋楽、邦楽、ポップ、ロック、ジャズ、クラシックなどジャンルを問わず多数の曲が用意されています。

さらにお気に入りの楽曲や音楽の専門家が選曲した数百のプレイリストが用意されています。もちろんプライム会員は追加料金なしで楽しめます。


④Twitch Prime

 

Twitchが提供するTwitch Primeと連携可能です。

毎月の無料ゲームコンテンツ、Twitch Channelの購読など、数多くの特典が利用できます。


⑤Amazon Photos

 

カメラ・携帯で撮った写真を何枚でも保存できます。 

専用のAmazon Photo無料アプリをダウンロードすれば、自動に保存したり、写真を撮ったその場でFacebook, Twitter, LINEにて家族や友人と共有することも可能です。


⑥会員限定先行タイムセール

 

通常より30分早くタイムセールに参加可能です。

お得なタイムセール商品が購入しやすくなり、Amazonでのお買い物をさらに楽しめます。


⑦おむつ・おしりふき割引特典

 

プライム会員なら、対象のおむつとおしりふきを定期おトク便でご注文いただくといつでも15%OFFになります。

お子様情報をご登録いただくと、登録者限定セールなどAmazonファミリーからさらに特典もあります。


⑧Prime Reading

 

さまざまなデバイスで、豊富な本・マンガ・雑誌が読み放題ですAmazonでしか読めない限定タイトルもあるのです。


⑨Amazon Mastercard

 

プライム会員なら2%ポイントが貯まるAmazonクラシックカードがあります。

プライム特典が使い放題で2.5%ポイントが貯まるAmazonゴールドカードも便利です。


⑩Amazon Music Unlimited

 

プライム会員は特別価格、+月額780円で6500万曲以上聴き放題になります。

まずは30日間の無料体験からはじめましょう。

新曲から名盤まで、6,500万曲以上が聴き放題です。

楽曲をダウンロードすればインターネット接続がなくても楽しめます。


⑪バーチャルダッシュ

 

バーチャルダッシュは、ウェブサイト上で商品ごとに何種類でも作成可能、商品の再注文を簡単にする機能です。


⑫Amazonフレッシュ

 

生鮮食品や専門店グルメから日用品まで、必要なものをまとめてお届けします。

配送は8時から深夜0時まで。(対象エリアのみ)※残念!浜松はなかったです。


⑬プライム・ワードローブ

 

Amazon プライム会員は、追加料金なしでプライム・ワードローブをご利用いただけ、送料・返送料も無料です。


⑭Prime Pets (プライムペット)

 

ペット情報の登録で、対象商品がいつでも10%OFFです。

その他、ペットの種類や年齢に応じたおすすめ商品の紹介など、特典いろいろ。

 

という感じで13個の特典を見てきましたが、実際私が利用しているのは下記の5個の特典しか利用していないことが判明しました。でも現在も十分満足しているので良しとしましょう。

 

① 配送特典

②プライム・ビデオ

③Prime Music

⑥会員限定先行タイムセール

⑧Prime Reading

 

この情報は2020年3月現在の情報になります。ご利用には最新の情報をご確認ください。

 

 

ここまで「Prime Video」と「Amazon Music」を含め13個の特典を説明してきました。そして私が利用している特典はたったの5個でした。2,000円以上のAmazonでの購入で配送料金が無料で「Prime Reading」でたくさんのマンガが読めれば十分満足です。

5個の特典でも満足できるのに13個も特典があるのだから、もっと上手に利用できればみなさんも大満足なのでは?

 

でも「30日間の無料体験」中にやっぱり高いよね!って思ったら「すぐに解約はできるの?」って気持ちがありますよね。解約できるかどうかが心配でなかなかAmazon プライム会員の登録にちゅうちょしている人が多いようです。

「すぐに解約はできるの?」に対する答えは「かんたんに解約出来ます。」ではその解約方法を説明していきます。当たり前ですが、「30日間の無料体験」中に解約しても料金は一切かかりません。

 

解約方法は?

 

解約したいのに方法がわからないで悩んでいるシニア女性[写真AC]

 

Amazon プライムの会員登録をすると無料体験期間の終了後自動的に有料会員に更新されます。自動に更新されることを知らなくて「詐欺」などとおっしゃることがないようにここで解約方法を説明していきます。

もちろん無料体験と有料会員のどちらの場合でも、この自動更新を止めて解約できますので安心してください。

 

プライム会員の解約方法(30日間の無料体験中も含む)

 

 

<Amazon プライム会員登録のキャンセル方法>


まずは、こちらのAmazon プライム会員情報にアクセスします。

    ⬇

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazonプライム会員登録をキャンセルする、返金を受ける

 

Amazon プライム会員登録のキャンセルをクリック

②会員資格を終了をクリック

 

これだけで解約できました。簡単ですね。

「でも、ちょっと待って!きっと無料体験中に忙しさで解約を忘れてしまうと思う。」

そんな方も大丈夫です。そのような方のために無料体験から有料プライム会員に自動更新される前にお知らせメールを受け取ることができます。

さすがにメールが来ればあなたも気づくと思いますよ。

 

<更新前にメールを受信する方法>

 

①Amazon プライムの画面に入ります。

②[会員情報を変更する]で[更新前にお知らせを受けます]をクリックする。

 

これだけで、終了3日前にEメールが送信されます。あとは画面の指示に従うだけです。

 

まとめ

 

Amazon プライムの年会費は4,900円でちょっと高くない?って思われる方も「Prime Video」と「Amazon Music」や他の12個のの特典を上手に利用しましょう。

 

映画を見て泣いたり大笑いしたり怖がったりと喜怒哀楽を思い切り楽しみましょう。

大好きななつかしいあの歌を聞きながら口ずさみましょう。きっと元気が出てきます。

大事な毎日の生活に必要なものはAmazonで購入して無料で自宅の玄関前まで運んでもらいましょう。今までスーパーで買い物して「エッチラコッチラ」運んでいたのがいかに無駄なことだったのかと「目からウロコ」になるはずです。

 

アラカンにとって辛い重い荷物の運搬と買い物のむだな時間を減らして、大切なお家時間は歌を聞きながら映画を楽しみ平和に過ごしていけたら、こんなに幸せなことはないかも…。

 

<<合わせて読みたい記事です>>

映画「千年の恋 ひかる源氏物語り」豪華なキャストと天海さん演じる光源氏にウットリです。 - sannigoのアラカン日記

映画『ともしび』は女優シャーロット・ランプリングが演じていることが見どころ - sannigoのアラカン日記


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
では、またです。