sannigoのアラカン日記

アラカン女sannigo(さんご)穏やかな毎日を記録しています。

免疫力を下げない健康管理と超音波洗浄機で「ウイルス感染」から逃げます。

こんにちはsannigo(さんご)です。

先日から「帯状疱疹」にかかり痛みでのたうち回っていましたが、近所の医療機関さまのおかげでGW最中にもかかわらず、早めの抗ウイルス薬の服用ができ、8日経ちだいぶ回復しました。

現在私たちが住んでいる地球は「コロナウイルス」に翻弄されていますが、実は「コロナ」以外にもいろいろなウイルスが潜んでいます。

 

そのひとつの「水痘・帯状疱疹」ウイルスに今回初めてかかってしまったわけです。

改めて調べてみると「帯状疱疹」は、高齢者や免疫力が著しく低下すると何度もかかるらしいのです。

それだけはどうにか勘弁して欲しい痛みだったので、再度かからないためにはどうしたら良いだろう?と調べてみました。

免疫力を下げない健康管理と超音波洗浄機で「ウイルス感染」から逃げます。[写真ACからの写真]

 

「帯状疱疹」の予防方法

ワクチンで予防

「帯状疱疹」はワクチンで予防できます。
ワクチンには、感染症の原因となる細菌やウイルスの病理性を弱くしたものや成分の一部を取り出したもの、また病理性を全く無くしたものなどがあるとのことです。

ワクチンが体内に入るとそのワクチンの成分(細菌やウイルス)に対しての免疫力が上がり病気の発症や重症化を抑えることができるわけです。

「帯状疱疹」の予防には、50歳以上の方を対象としたワクチンがあります。

水疱瘡にかかったことがある人はすでに水痘・帯状疱疹ウイルスに対する免疫は持っていますが、年齢とともに弱まってしまうんです。

この弱まった免疫を強化するためにワクチンを接種して帯状疱疹の予防をするのですが、完全に防ぐものではなく発症した場合には軽く済むという感じだそうです。

予防としてのワクチンの接種ということで50歳以上は受けられるそうで、私バッチリあてはまるんで、次回病院で相談してみようと思います。

免疫力を低下させない体調管理

「帯状疱疹」は免疫力の低下によって発症します。
なので「帯状疱疹」の予防には日頃の体調管理が大切です。

怖いことに免疫力の低下によって感染症にかかりやすくなったりガンなどの大きな病気を発症しやすくなってしまうようです。

免疫力が下ると血行が悪くなりそのせいで新陳代謝も悪くなり美容にも悪い影響が出るそうです。

免疫力は加齢からや強いストレス、生活習慣などがかかわっているんですね。

日々頑張りすぎて無理をすると血管が収縮して、血液の流れが悪くなり低体温になって免疫力が下がる。

逆にまったく頑張らないで運動もしないでダラダラ過ごすと血管が開きすぎて代謝が制御され低体温になってしまい免疫力が下がる。

どっちやねん!!

まぁ頑張りすぎずに、適度な運動をして血流を良くして低体温にしないようにすればいいのかな?

なんか、適度な筋肉を保って少し汗ばむくらいの運動を1日1回して、さらに夜ふかしをせずあんまりきつい洋服で締めつけずにお腹を冷やさないように腹巻きをすると良いと書いてあるところも見つけました。

はい、気をつけます。じゃぁ食事は?


「免疫力を上げる食事」という記事をあの有名なオムロンさんが上げています。

免疫力を上げる食事byオムロン

 

おいしいカレーの写真[写真ACからの写真]
<腸内環境を整える>

免疫力を高めるポイントは腸にあります。

食べ物には病原菌やウイルスが付着している危険性があり、その食べ物を消化・吸収し、摂取するのが腸です。

有害なものが体の中に侵入することを防ぐために、腸には免疫力が備わっている必要があるんです。

免疫力の60~70%は腸にあると言われているほどなんです。

腸内環境を良好に保つことすなわち免疫力の低下を防ぐことになります。

腸内細菌のバランスを整えるヨーグルト漬物味噌などの発酵食品や、食物繊維オリゴ糖は免疫関連の細胞のバランスを保つために必要です。

食物繊維は酪酸菌を増やし酪酸を生成して腸の粘膜を修復して免疫機能を高めてくれます。

トマトりんごお茶などに含まれるポリフェノール類、さらに青背魚が多めに含ンいでいるEPAなどのn-3系不飽和脂肪酸も炎症を抑えて腸における免疫力に大きく貢献しているようです。

<免疫細胞自体に働きかえる>

細胞の主成分がタンパク質なので、免疫細胞を活性化するためにはタンパク質が必要なんです。

ビタミンAやビタミンEも細胞の免疫機能を保持するようです。

他には亜鉛やセレン、銅、マンガンなどのミネラル類も免疫細胞を保護するためには必要な栄養素です。

これらは「微量ミネラル」と呼ばれていて体にとても必要な栄養素です。

コレステロールと聞くとなんとなく多いとだめみたいな印象ですが免疫力を高めるためには欠かせないものです。

それは古い細胞から新しい細胞に入れ替わるためには細胞膜の材料となるコレステロールが必要だからです。

<どんな食事を心がける>

一番考えられるのは多くの種類の食材を摂ることです。

副食でタンパク質を摂り、ビタミンやミネラル類はサラダや煮物などでを接種するなどおかずの種類を増やすことがいちばん!

日本人が大好きでよく長寿の元といわれるものが発酵食品は味噌や醤油に漬物ですよね。

味噌は発酵食品でもあり微量のミネラルの亜鉛を含んでいるため免疫力に対して効果があるんです。

参照元:免疫力を上げる食事とは?  オムロン ヘルスケア

 

このようなことをオムロンさんがおっしゃっています。

このように発酵食品や味噌などを使った食事や良質な睡眠をしっかりととり、適度な運動やリラックスした時間を過ごして免疫力は低下させないようにしましょう。

って言われましても、食事も睡眠も十分すぎるほどとっていた気がするし、ウォーキングが少しおろそかにはなっていたのは反省して増やしています。

「引きこもり」中のため仕事関係でのプレッシャーも責任も人間関係もナッシング!!かなリラックスした毎日を過ごしていました。

それなのに「帯状疱疹」にかかってしまいました。では、

今回の「帯状疱疹」の感染理由は?

最大の原因として考えられるのは「免疫抑制剤」読んで字のごとく免疫力を抑制する薬を服用しています。

なぜなら自己免疫疾患の持病持ちだから~


この薬の服用を中止するともとの自己免疫疾患の悪化が予想できます。

お~どうしたらよいのだ?

そうだ!「コロナウイルス」同様ウイルスを避ける生活をするのだ!

「ウイルス感染」を避ける

ウイルスを避けるにはまぁ「コロナ」と同じ「手洗い」「うがい」「3密」を続ければ良い気がします。

さらに最近また増えた例の「新しい生活様式」のおっしゃるとおり

・帰宅後のシャワー
・食事は横並び
・会った人の名前と場所などをメモする

もしっかり守りましょう。

えっ!これって「帯状疱疹」に関係ないじゃん!

そうおっしゃるのはわかりますが、あの「帯状疱疹」の痛みを経験すると藁にもすがる思いなんです。

なんでもやってしまいたくなるので、静観してくださるとうれしいです。

ひとつ疑問に思っていたことがあるのですが、

マスクは洗うのにメガネは洗わないのはやばくない?

ということです。

超音波洗浄機を購入

そこでメガネや腕時計にアクセサリーなどを洗わなくちゃ!と思い立ち先日超音波洗浄機を購入しました。

その商品はdretec 超音波洗浄機「ソニクリア」です。

 

 

 

このようなきれいな箱で梱包されていました。

さっさと開けてみると時計やアクセサリーをきれいににするとき用のかご付きがありがたいです。

時計やアクセサリーを洗う時用のかごが付いています。

では、さっそくメガネをきれいにしてみたいと思います。

およそ400cc位の水を入れてスイッチオンするだけです。ただ、メガネをきれいにするときはレンズを上向きに入れます。(レンズが傷つかないように)

静かな音がしますが全然気になりません。我が家の電気ケトルよりは、はるかに静かです。

メガネをきれいにしています。

終わると勝手に電源が落ちるのでメガネを出して拭きます。

水を捨てるとき本体ごと洗面所まで運んで捨てるのがちょっと不便かも?

取り外せるタイプもあったんだけど、これ安かったから(笑)

とりあえず大変きれいになるので大満足ですがウイルスもちゃんと落ちてますよね。

おまけ(すげぇいいもの見つけちゃった)

今後もウイルスを近づけない生活はまだまだ続けて行く予定です。


そこで、つい先ほどすごいパンチのある電化製品を見つけてしまいました。

その名は「エコデバイス コードレス型UV-C殺菌機 Vray ホワイト VR03KKY」

どんなやつかといいますと、

ズバリ

✓どんなものでもサッと殺菌
✓約5秒照射で99.9%殺菌
✓高出力&広範囲照射でウイルス一撃退治

つまり

<私達に今できること>
手洗い+うがい+マスク

Vray 見の回りのもの全般を強力殺菌

 

私たちの日常生活で、健康を害する恐れのある
・大腸菌
・肺炎菌
・黄色ブドウ球菌
・スーパーバクテリア(MRSA)
・サルモネラ菌
・ビブリオ
・バシラス
などの様々な細菌を約5秒で99.9%殺菌できるコードレス型の殺菌機なのです。

なんとマスクにも照射できるのよ。

くわしい記事はこちら

滅菌とか殺菌、除菌とかどう違うの?今以上の効果があるグッズを知ろう。

 

 最後に

先日から「帯状疱疹」にかかってしまった私が二度とあの痛みを味わうことのないように、今後は免疫力を下げない健康管理をしていきたいと思っています。

頑張りすぎずに、適度な運動をして血流を良くして低体温にしないように!

適度な筋肉を保って少し汗ばむくらいの運動を1日1回して、さらに夜ふかしをせずあんまりきつい洋服で締めつけずに、お腹を冷やさないように腹巻きをする。

食事は腸内環境を良好に保つことのできる食事を続けます。

副食としてタンパク質を摂り、サラダや煮物などでビタミンやミネラル類を補給するなどおかずの種類をたくさんにします。

日本人に馴染みの深い発酵食品は味噌や醤油、漬物もたくさん食べます。ぬか漬けはもう数年来続けているので大丈夫!

あとは今まさに行っているコロナ対策を続け、アベノマスクを洗い(届いたらの話だけど)メガネやアクセサリーや腕時計もこまめに洗浄してウイルス駆除に努めます。

これでもまた「帯状疱疹」にかかってしまった時は、高齢者だもん!と潔くあの痛みに甘んじようではないか!

合わせて読んでいただきければ嬉しい記事です。

帯状疱疹の初期の痛みから治療までくわしく説明します。 - sannigoのアラカン日記

新型コロナウイルス感染予防はまだまだ続きそうです。 - sannigoのアラカン日記

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

では、またです。