sannigoのアラカン日記

アラカン女sannigo(さんご)穏やかな毎日を記録しています。

コロナ後の食料不足を懸念し勝手に水耕栽培 & プチベランダガーデニングで食料調達してみた

こんにちはsannigoさんご)です。

当たり前だったことが当たり前でなくなってきている「コロナ」の「緊急事態宣言」解除後の今の生活から、これからの生活をいろいろ考えながら暮らしています。

これからもっといろいろなこと、ものが変化していくんでしょうね。

私は30歳代で今の持病にかかり、その時医師から持病の名前と一緒に「持病は根治しません。これから長くつきあっていくことになります。上手につきあっていきましょう」と伝えられました。

あの医師から病名を伝えられたときと同じ感覚を、最近味わっています。

それは「コロナ」とも、これから長く付き合っていくんだろうなという感覚です。

 

実は4月上旬の「コロナ渦中」にこのような記事を読みました。

『コロナによる食料不足、なぜ起きるのか?』といった記事でした。

そこに書かれていたのは、

・現段階での日本国内の食料は十分ある。
・日本への影響は限定的。
・食料を買い占める必要はない。

まずは上記3点を前提にした食糧生産の話しでした。

コロロナ後の食料不足を懸念し勝手に水耕栽培&プチガーデンニング[写真AC]

 

コロナ後の食料不足を懸念

食糧生産できない

ちょうどその頃は緊急事態宣言や外出禁止令が世界各国で出ていました。

なので、その頃はせっかく実った果物や野菜を収穫する労働者が確保できなかったんです。

従業員の確保ができないから食物の収穫が遅れ、どんどん食品の品質が劣化して商品にならないのが現状でした。

実際のアメリカなどでの食糧生産は「季節労働者」に頼っていて、その季節労働者とは外国人労働者です。

アメリカでは主にメキシコ人に頼っているのが現状でした。

その頼りのメキシコ人が国境を超えられない状況では労働者として働いてもらえないわけですから、それは生産者は困ります。

ちなみに日本もそうですが、技術養成という名の労働者が世界各国から来ていましたがどうでしょう?今もまだ帰ってきていないのでは?

ただ農業ってスキルが必要な職業で、しかも肉体労働。

失業者が増えている現状だとしても「やりたくない仕事」をやってくれる人は少ないのが現実です。

労働者が確保できなければ、食糧生産が進まないという流れから食料不足が予想されるという記事でした。

だったら、輸入すればいいじゃん!と思いますが、それが出来たら良いのですが実際は輸入とか出来なかったじゃないですか?


輸出入できない

この時期はロシアの小麦の輸出制限、インド、ベトナムの食料輸出制限などからわかるように自国の食料確保がまず大事ですから、自国での食べ物を確保したんです。

そうなると輸入に頼っている国はやはり食料が心配です。

なんとなく日本は食料品を輸入に頼っているという勝手な固定観念があったので、こりゃあ、大変だ!と思ったわけです。

ただこの時点では世界中には十分な量の穀物の在庫があって、日本の生産力が下っているわけでもないので心配は無用とも書かれていました。

ただ、すでに「もう食料品が足りなくなる」ことで頭がいっぱいになったアラカンが、この記事から考えた浅はかな自己防衛のための食料調達方法がベランダガーデニングでした。


まず、手始めにと思い始めたのが水耕栽培です。

以前書いた「なんちゃって水耕栽培」記事です。

 

www.sannigo.work

 

この記事からの続きにもなる水耕栽培日記です。

 

水耕栽培

4月28日

上記の記事にもあるように、最初はスーパーで売られていた小松菜の簡易栽培キットもどきで「これ楽しい!」と収穫の味をしめました。

その後あちらこちらの方の水耕栽培に記事を拝見し、しかも「ペットボトル」「ホイル」「肥料」「活力液肥」などと家にあるものだけで水耕栽培を始めたのが4月28日です。

ペットボトルでの大葉の水耕栽培の始まり


5月12日

ずっと家の中の日当たりの良い場所には置いていたけど、全く大葉の苗は大きくならずにヒョリヒョロのためベランダのステンレスの道具入れの上に置いて日光浴を始めます。

その後は日中はずっとベランダに置いて日光を浴びさせました。

5月25日

あまりにも生長がないので理由などをよくよく考えてみました。

ここまできてようやく、ペットボトルの上部(苗が隠れるところ)までホイルがかぶさっていたので日光があたらないと気付きます。

上部のホイルを外して「これで大丈夫!」と安心したのですが。

上部のホイルを外して苗に光が当たるようにしました。

5月30日

ホイルを外したおかげで少しだけ生長して葉がすこし増えた気がしますが、相変わらずヒョロヒョロでほとんどあきらめ状態です(笑)

その後

今日もあいかわらずヒョロヒョロでなんなら色も黄色くなってきたので、そろそろあきらめて失敗を認めることにしました。

 

失敗の原因

1. 水耕栽培に必要な液肥を調べると「ハイポニカ」などですが購入せず、ケチケチ将軍のため家に買い置きがあった「活力液肥」というキャップの先端を切って根本付近に差し込む10本で88円くらいの液肥を使用したこと。

2. 大葉の葉に光が当たらないようにホイルを貼ってしまっていた。

3. 初期の2週間ほどは日中も部屋の中に置いていたので、太陽の光が足りていなかったと思われる。

次回での課題

1. 「ハイポニカ」も1,000円前後で買えるようなので。ケチらず購入することにします。

2. ホイルを貼る部分をいいかげんに貼らずにしっかり葉の部分が出るように貼ります。

3.今年はもう無理かもですが、ペットボトルに植えたらできるだけ日光を浴びるところに置くようにします。

ベランダのプランターや鉢でのガーデニング

4月7日

購入したキュウリの苗を鉢に植えました。

 

手前が植えたばかりのナスの苗です。

ピーマンとなすの苗を2つずつ購入して、土に野菜用の肥料(家にあったもの)を混ぜ、鉢に入れる。

購入した苗を鉢に植えて水を目一杯かけてみる。

4月26日

早速アブラムシの襲撃を受けたナス。


ナスの新芽部分にアブラムシ発見。

対策としてトウガラシ入り食用酢を薄めたもの(自家製)をスプレー。

 

4月27日

手作りの虫よけであまり効果が出ず、防虫剤を購入しました。

あまり効果がなかったようで、防虫剤を購入。

さすがに市販の防虫剤、アブラムシを退治できたようす。

ついでに追肥を行うがもちろん家にあった肥料のため効果は不明。

 

4月28日

キュウリにもアブラムシが発生しました。もちろん防虫剤をシュー!

続いてピーマンにもアブラムシ発生です。

もちろん防虫剤をシューシューしました。

こちらも退治完了です。

 

5月12日

やっとナスに一輪の花が咲きました。

やったね。片方のナスに花が咲きました。

 

5月13日

もう一方のナスにも花が咲きました。

とりあえず、効果は不明ですが、また追肥しました。

 

5月22日

ナスのベビーが現れ感激です。


片方のナスにナスベビーが現れ大喜び。

このころ、脇芽を刈らなくちゃ!と気付き花の咲いた脇芽を仕方無しに”めかき”しまし

た。
※後で知ったのだけど脇芽の1つ目のナスは実らせてよかったらしい。

2つ目からの花の先の脇芽は刈るとのこと。

すでに遅し!ショック!

 

5月28日

ついにキュウリにも花が咲きました。

キュウリにも、ついに一輪の花が咲き大喜び、花咲いた瞬間から花のガク部分がブツブツしたキュウリの状態でビックリ!です。

 

5月30日

もう一方のキュウリも花が咲きラッキー。

 

6月2日

小さな状態で収穫されたかわいいナス2つと大葉。

とあるSNSでショックな事を知りました。

本当はナスの最初の実は花の時点で刈った方がよかったらしいと…。

なぜなら、ナスの木を育ててさらにナスを収穫するためには実に栄養を取られている場合ではないらしい。

仕方ないので、遅まきながら小さい状態で収穫することを決意し実行しました。

 

という次第です。

あとはキュウリが大きくなってくれると非常にうれしいです。

ナスに関してはふたつも収穫できたので超満足ですが、もしまだまだ収穫できるならしあわせ♪

今回の記事はナスの収穫までということにしておきます。

次回があるとしたら収穫したナスで作る麻婆ナスのレシピを記事に載せたいと思います。

予定は未定なのであしからず。

まとめ

今後も「コロナ」と上手に付き合って暮らしていくんだなと感じた時点から、なぜか勝手に食料不足が気にかかり「ベランダガーデニング」を始めたことを書いてきました。

水耕栽培はケチケチのせいで失敗して、とても残念な結果だったのでリベンジしたいです。

ベランダのガーデニングはナスの初収穫もできて、キュウリも花を咲かせたのでまぁまぁ成功でしょうと喜んでいます。

これからもしばらくは「コロナ」と上手につきあっていかなくてはならないと仮設を立てるとしたら、今後はなんでも自分で考えて行動しなくてはいけないんでしょうね。

「マスクが無ければ作ればいい!」とお裁縫が得意の方が始めた手作りのマスク作りもすっかり世界中に浸透しました。

今は、車メーカー、スポーツブランド、ユニフォーム素材の会社などなど、こぞってマスクを作っています。

こうやって「コロナ」と上手に付き合って「ひと」の力を借りたり、「ひと」の力になったりしながら、社会も自然と変わりながら、収束への道を進んでいくんだろうなと思っています。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
では、またです。