sannigoのアラカン日記

アラカン女sannigo(さんご)穏やかな毎日を記録しています。

映画「記憶にございません」見終わって笑顔になれる三谷さんの作品は人にやさしいよね。

こんにちはsannigo(さんご)です。

先日WOWOWで「記憶にございません」が放送されたので、のんびり見てみました。

「記憶にございません」は記憶を失った”史上最悪の総理”が巻き起こす政界コメディーで、主演はあの「サラメシ」の中井貴一さん、脚本/監督はもちろん三谷幸喜さん。

梅雨時にじっとりとした部屋に閉じこもって見る映画はやっぱりコメディですよね。

そのコメディが三谷作品だったら、もう言うことなしでは?

 

映画「記憶にございません」見終わって笑顔になれる三谷さんの作品は人にやさしいよね。[写真AC]

 

「記憶にございません」

 

三谷幸喜さんの映画作品は、いつも豪華キャストがそろっているのが魅力のひとつです。

 

今回は主人公の総理役の中井貴一さんをはじめ、佐藤浩市さんに山口崇さん、田中圭さん、梶原善さん、寺島進さんなど。

さらに三谷作品初出演のディーン・フジオカさん、お笑い芸人「ジャルジャル」の後藤さん、ミュージシャンのローリーさん(見てる最中は誰かわからなかったでが・・・)キャスター役の有働由美子さん(こちらも見ている間は誰かわからず)。

総理の妻には石田ゆり子さん。

「真田丸」「なつぞら」とNHKで大人気の草刈正雄さん。

もうこの事務秘書官が本人そのまんまとも思う小池栄子さん。

斉藤由貴さん、木村佳乃さん、吉田羊さんと演技派3女優陣。

 

本当にこの豪華なキャストでのコメディーは、あまりに贅沢すぎます。

 

ビックリしたのは、エンドロールに”天海祐希”の名前があったのです。

 

全編一生懸命、まさに目を皿にして見ていたつもりですし、ファンである天海氏が出ているのなら気づかないはずもないのです。

ところが、エンドロールの”天海祐希”の名前だけ見落とさなかった。なんてことはありえない!と思うんです。

そこで調べました。

天海祐希出演疑惑

 

「天海祐希 記憶にございません」で検索すれば、あっという間に答えが出て来ます。

グーグル先生はいつも優秀です。

そして「天海祐希出演疑惑」はあっという間に解決です。

なんと!!しっかり出演されていました。

 

『三谷幸喜 公式ブログ』という三谷さんのブログの『-スペシャル-』という記事でちゃんと”天海祐希”さんの出演をお知らせしてくれていました。


それも公開日が9月13日でしたから、2日前の2019/9/11 19:00です。

気付かなくてごめんなさい。

こちらから読めます。

   ⬇

三谷幸喜 公式ブログ - スペシャル - Powered by LINE



三谷さんのブログから天海さんの出演の部分を引用させてもらいます。

 

スペシャルといえば、もう一人忘れてならないのが、天海祐希さん。物語の冒頭、記憶を失った総理がたまたま入った定食屋。テレビでは、キャスターの近藤ボニータ(有働由美子)が総理のニュースを伝えている。その後、画面手前で総理(中井貴一)が店主(阿南健治)と会話。その時、テレビで流れているのがドラマスペシャル「おんな西郷」の番宣で、そこに映っているのが西郷隆盛に扮装した天海さんなのだ「おいに任せてくいやい」と台詞まである。

 実は、この定食屋のシーンを撮った時(クランプアップの直前だった)、予定より長めにテレビが映り込むことが分かった。となるとそこに映る映像が必要になる。画面は後ではめこむので、これから撮ればいいのだが、有働キャスターの撮影は既に終わっている。さあ、どうする。そういえば、天海さん、なんでも力になるって言ってくれてたな。ここは彼女の好意に甘えよう。天海さんといえば「女信長」の主演女優。「女信長」があるなら「おんな西郷」もあってもおかしくない。よし、天海さんで「おんな西郷」の宣伝番組を作ってしまおう。そんな流れで誕生したミニ番組。ナレーションは山寺宏一さん、薩摩弁監修は大河ドラマでも方言指導をしていた迫田孝也さんと、豪華版。なのに映画を観ている、おそらくほとんどの人が気付かない。それでいいんです。大事なのは店主と総理の会話の方だから。それを承知で力を貸してくれた天海さんの男気に感謝。

 ちなみにここだけの話、ドラマスペシャル「おんな西郷」本編は八時五十五分から放送の五分番組という設定です。みじか!

 

というわけでした。

定食屋さんの場面で写り込んでいるテレビの中の映像に天海氏は映っていたようです。


ドラマ「女西郷」主演女優・天海祐希のテロップと一緒に、かなりしっかり扮装された天海西郷の姿も映し出されています。

 

しかもナレーションは山寺宏一さんだったとか・・・。(もちろん私は気づいていませんが・・・)

 

天海氏も三谷氏もやりよりますなぁ。

 

これでどうにか出演者の疑問が解決したので、本題の映画の内容に入っていきます。

 

記憶にございません!

映画.comの評価

✫3.6/5

 

解説


三谷幸喜の長編映画監督8作目で、記憶をなくした総理大臣が主人公の政界コメディ。

 

史上最低の支持率を叩き出した総理大臣を中井貴一が演じるほか、ディーン・フジオカ、石田ゆり子、草刈正雄、佐藤浩市ら豪華キャストが顔をそろえる。

 

国民からは史上最悪のダメ総理と呼ばれた総理大臣の黒田啓介は、演説中に一般市民の投げた石が頭にあたり、一切の記憶をなくしてしまう。

 

各大臣の顔や名前はもちろん、国会議事堂の本会議室の場所、自分の息子の名前すらもわからなくなってしまった啓介は、金と権力に目がくらんだ悪徳政治家から善良な普通のおじさんに変貌してしまった。

 

国政の混乱を避けるため、啓介が記憶を失ったことは国民には隠され、啓介は秘書官たちのサポートにより、なんとか日々の公務をこなしていった。

 

結果的にあらゆるしがらみから解放されて、真摯に政治と向き合うこととなった啓介は、本気でこの国を変えたいと思いはじめようになり……。

 

2019年製作/127分/G/日本
配給:東宝

スタッフ

監督

三谷幸喜

脚本

三谷幸喜

製作 

石原隆 市川南

ブロデューサー

前田久閑 和田倉和利

キャスト


黒田啓介 :中井貴一

井坂:ディーン・フジオカ

黒田聡子 :石田ゆり子

鶴丸大悟 :草刈正雄

古郡祐  :佐藤浩市

番場のぞみ:小池栄子

寿賀さん :斉藤由貴

スーザン・セントジェームス・ナリカワ:木村佳乃

山西あかね:吉田羊

柳友一郎 :山口崇

大関平太郎:田中圭

小野田治 :梶原善

南条実  :寺島進

古賀   :藤本隆宏

野々宮万作:迫田孝也

鱒淵影虎 :ROLLY

八代   :後藤淳平

ジェット・和田:宮澤エマ

黒田篤彦 :濱田龍臣

キャスター:有働由美子

牛尾   :飯尾和樹

森崎   :小林隆

桜塚   :市川男女蔵

戸波   :小澤雄太

サラリーマン:近藤芳正

定食屋店長:阿南健治

高級レストラン店長:栗原英雄

スナイパー:川平慈英

受賞歴

第43回 日本アカデミー賞(2020年)

 

〈ノミネート〉

最優秀脚本賞

三谷幸喜

最優秀主演男優賞

中井貴一

 


引用元:記憶にございません! : 作品情報 - 映画.com

ストーリー

 

病院のベッドで目が覚めた男。

自分が誰だか、ここがどこだか分からない。

一切の記憶がない。

こっそり病院を抜け出し、ふと見たテレビのニュースに自分が映っていた。


演説中に投石を受け、病院に運ばれている首相。

そう、なんと、自分はこの国の最高権力者だったのだ。

そして石を投げつけられるほどに……すさまじく国民に嫌われている!!!

部下らしき男が迎えにきて、官邸に連れて行かれる。


「あなたは、第百二十七代内閣総理大臣。

国民からは史上最悪のダメ総理と呼ばれています。

総理の記憶喪失はトップシークレット、我々だけの秘密です

真実を知るのは、秘書官3名のみ。


進めようとしていた政策はもちろん、大臣の顔と名前、国会議事堂の本会議場の場所、自分の息子の名前すら分からない総理。

記憶にない件でタブロイド紙のフリーライターにゆすられ、記憶にない愛人にホテルで迫られる。

どうやら妻も不倫をしているようだし、息子は非行に走っている気配。

そしてよりによってこんな時に、米国大統領が来訪!


他国首脳、政界のライバル、官邸スタッフ、マスコミ、家族、国民を巻き込んで、記憶を失った男が、捨て身で自らの夢と理想を取り戻す!

果たしてその先に待っていたものとは……!?

 引用元:映画『記憶にございません!』公式サイト

 

感想

 

私の評価

✫4.5/5

 

史上最悪のダメ総理が、演説中に市民から石を投げられ頭にヒット!記憶喪失になってしまいます。

 

病院で目覚めてから、自分の顔はもちろん悪評ぶりを知っている国民の中をパジャマ姿で「自分は誰なんでしょう?」と問いかけながら歩くのは、たとえ記憶喪失でもキツイだろうと思ってパジャマ姿の中井首相を見ていました。

 

田中圭登場で、ここでもっと政治的な部分が掘り下げられるのかな?と待っていたら、わりとあっさり総理官邸に戻ってしまいちょっと拍子抜け。

 

もっと評判の悪い時の中井総理大臣を見てみたかったかも?
普段から中井さんのいい人っぷりは知っている感じがして、意外な部分は割とあっさり終了!

 

その後の中井首相は記憶喪失を知っている秘書官3人だけを味方に、どうにか総理大臣の役目をこなしていきます。

この3人の秘書官の中の小池さんの演技が大好きなんです。
ふだんのご自身よりは少し抑えめなのかもしれないけど、あの本心を抑えきれない感じがなんともかんとも私を笑顔にさせてしまいます。

 

記憶喪失のふつうのおじさんで善良な市民のような人でも十分総理大臣ってできちゃうのね?と思いながらも、周囲の秘書官やフリーライターとの絡みには大笑いです。

 

この映画から、やっぱり政治って真ん中の人よりも周りの重鎮もしくは欲張り爺さんなどが動かしてて、本当に真ん中の人の思いや意志は反映できない、もしくは反映できていないのかな?と少し安倍さんに置き換えて考えたりしました。(そうでもないかもだけど)

 

そして、中井総理大臣はいい総理大臣になろうと、かつての恩師に「公民」の勉強を教え直してもらったりと努力していきます。

ここでも失礼ながら安倍さんを思い出したりして。

きっと努力しているからこそ総理大臣職を長く続けているだろう?いや、周りの重鎮や欲深い人の操り人形には丁度よいから続けさせられているのか?などといらん想像をしてしまいました。

 

多分、政治について少しでも考える時間が持てただけでも、これっていい映画よね。

 

その後、吉田羊さんや木村佳乃さん、斉藤由貴さん、3人の名女優さんの強い個性で引っ張られるそれぞれのシーンで少しずつ良い方向へ話しは進んでいきます。

 

結果オーライって感じで、見終わった後の「あーよかったね」って笑いあえる感じが、やっぱり三谷さんの作品だからだねとうれしくなります。

 

それに、やっぱり大物俳優さんたちの共演はそれだけでワクワクするものです。

 

今になってもまだ「天海さん出てた?どこに出てた?」という方はいないかも?ですが、のんびり時間がある時に、必死で天海さん出演のシーンを探すのも楽しいのでは?

 

合わせて読みたい記事です。

 

www.sannigo.work

www.sannigo.work

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
では、またです。

 

 

 ▼映画見るなら、31日間無料トライアル実施中のU-NEXT。

 

▼アマゾンプライム、30日間の無料体験があります。