sannigoのアラカン日記

アラカン女sannigo(さんご)穏やかな毎日を記録しています。

2020年中秋の名月はいつ、秋の七草も飾って華やかなお月見を。

こんにちはsannigo(さんご)です。

月日の経つのは早いものでもう9月も終わり、明日からは10月に入ります。
9月に入ってもまだ残暑で暑い日が続いていたと思っていたら、急に蝉の声が聞かれなくなって静かだなと。いつの間にやら朝晩は鈴虫やコオロギなどの虫たちがすだき始めて、これまた秋のにぎやかさで自然に包まれた気持ちになります。

 

ちなみに”すだく”って言葉を最近知りました。”すだく”とは虫が群れをなして集まりにぎやかに鳴くことをいうようです。まだまだ知らないことばもたくさんあると気付くことで、読書にもより一層力が入るというものです。秋といえば『食欲』『読書』『行楽』『スポーツ』まだまだありそうです。

 

でも、やはり秋といえば、明日の10月1日(旧暦8月十五夜)の「中秋の名月」が一番風流で日本人らしいかもです。明日の夜は「お月見」で月を愛でて、月見だんごで食欲を満たし素敵な夜を過ごしましょう。

あれっ?お月見は9月だったのでは?と思われた方は正解です。旧暦と新暦には1ヶ月~2ヶ月のずれがあるので、お月見が9月だったり10月だったりするようです。

 

さて明日はうさぎが餅つきをしている満月が、眺められるでしょうか?お天気が心配です。

 

2020年中秋の名月はいつ、秋の七草も飾って華やかなお月見を。[写真AC]

 

中秋の名月とは

 

2020年は10月1日(木)が「中秋の名月」になります。

 

中秋(ちゅうしゅう)の名月とは、旧暦8月十五夜にお月見をするならわしのことです。

 

昔の農業を中心とした日本では旧暦を暮らしに旧暦を生かしていました。旧暦では7月~9月が秋で、そのまん中の日8月15日を「中秋」と呼んでいたので、その晩に上がる月のことを「中秋の月」と言っていたんです。

 

「中秋の名月」の名月は秋になり徐々に空も高くなり、秋晴れが続くと空気も冷たくなって月もきれいに見えることからよばれるようになったようです。

 

お月見おだんご

 

月が見える場所に「月見だんご」「秋の果物」「芋類」などをお供えします[写真AC]


 

お月見平安時代中国から伝わった「望月」といわれる月を見る催し平安貴族に広まって「望月の宴」が催されるようになり、江戸時代には農村の収穫祭と結びついて一般庶民が『豊かな実り』の象徴として十五夜を眺めてお供え物をすることで感謝や祈りを捧げるようになったのが始まりだといわれています。

 

お月見の供物としての月見だんご丸い月を丸いだんごで表現しているといわれています。他には里芋を模したものという説もあるようです。この旧暦の8月15日頃の「中秋」はちょうどお芋の収穫時期になります。

稲作が始まるまでは里芋などの芋類を主食にしていたころからの芋類の収穫が無事に済んだ感謝の気持ちを込めて里芋をお供えしていた名残りなのでしょうか?

 

ちなみに月見だんご十五夜には15個のおだんごピラミッドのように並べ白い紙を敷いてお供えします。お供えする場所はお月さまがよく見える床の間に置くのが良いようです。マンションには床の間なんてないのですが…。という私同様のマンション住いの方は月が出ている方の窓辺に供えれば良いようです。

 

他のお供え物

 

月見だんご以外には枝豆果物などの秋の収穫物水・お酒などもお供えします。

もちろんお供え物はお月見が終わったら食べましょう。お供え物を体に取り入れることで健康や幸せを得ることができるという考えからです。

そしてさらに秋の七草も飾れば華やかなお月見になりますよね。

 

秋の七草

 

近所の公園に咲いていたのは「ハギもどき」らしいです。[スマホで撮影]

 

秋の七草萩(はぎ)薄(すすき)桔梗(桔梗)撫子(なでしこ)葛(くず)藤袴(ふじばかま)女郎花(おみなえし)です。

 

「春の七草」「七草がゆ」にして食べるなど、”食”を楽しむもの”ですが、「秋の七草」は花を”見る”ことを楽しむ”もののようです。

 

まず七草とは7種類の野草・野菜のことで、7種類の野草・野菜が入った”七草がゆ”を1月7日の朝に食べる風習が残っています。1月7日は人日(じんじつ)の日という節句の日で、桃の節句や端午の節句と同じ五節句のひとつです。

そんな”七草粥”でよく知られる「七草」ですが、元々の「七草」秋の七草のことを指して小正月1月15日のもの「七種」と書くようです。この七種も「ななくさ」と読み、一般には7日正月のものを七草と書きます。現在では元々の意味が失われて、風習だけが形式として残ったとのことです。

 

奈良時代の歌人、山上憶良(やまのうえおくら)万葉集選定したのが「秋の七草」です。その秋の七草がこちらです。

 

萩(はぎ)薄(すすき)桔梗(桔梗)撫子(なでしこ)葛(くず)藤袴(ふじばかま)女郎花(おみなえし)

これらの植物が入っているのがこの歌です。

 

「秋の野に 咲きたる花を
指折り(およびをり)
かき数ふれば
七草(ななくさ)の花
萩の花 尾花葛花 撫子の花
女郎花 また藤袴
朝貌(あさがお)の花」

※朝貌は朝顔でなく桔梗という説が有力です。

 

ちなみに「秋の七草」はこうして覚えると良いみたいですよ。

【「秋の七草」の覚え方】

☆大きな袴(はかま)履く

(お お き な はかま は く)

女郎花 尾花(すすき) 桔梗 撫子 藤袴 萩 くず

 

引用元:hana300.com

 

最後に

 

今年の「中秋の名月」がもう明日10月1日と迫っています。今回は中秋の名月にお供えする「お月見だんご」や「秋の果物など」に加えて「秋の七草」も飾って華やかな「お月見」を過ごしましょう。という気持ちで書いてきました。

 

だいぶ気温も下ってきて過ごしやすい毎日でよく眠れることが何よりうれしいと感じる秋の到来です。

 

趣味のウォーキング中にもあちらこちらで「秋の七草」のすすきや桔梗を見かけたり、柿やぶどうが庭先で見事に実っているお宅をうらやましく思いながら眺めたりもしています。

 

ここ最近は立て続けに不幸なニュースが流れていることもあって少しメンタルが落ちている気がします。「お月見」という風流な行事を素敵に過ごして普段のストレスを癒やしましょう。

 

<<合わせて読みたい記事です>>

彼岸花から秋の訪れを知り、今年の「お彼岸」っていつだったかな? - sannigoのアラカン日記

2020 『お盆飾り』っていつから、どうやって、どんなものを飾る?片付ける? - sannigoのアラカン日記

お正月に墓参りに行ったのですが、間違っていないでしょうか? - sannigoのアラカン日記

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
では、またです。