sannigoのアラ還日記

アラ還女sannigo(さんご)の穏やかな毎日を記録しています。

感謝の気持ちをビールでストレートに伝えるバレンタインデーもいいね!

🕖2021/02/06   🔄2022/01/10

こんにちはsannigo(さんご)です。いつもありがとうございます。

来る2月14日(日)は「バレンタインデー」です。そろそろ男性諸君はソワソワ気分になっているのではないでしょうか?

 

「バレンタインデー」といえば、やはりチョコレートが定番とおもわれがちですが、最近はチョコレートに限らず「愛情」と「感謝」を込めて贈られるプレゼントならOK!さらに贈られた方が喜んでくださるなら、なおさらOK!!って感じな時代に突入したみたいです。

 

甘いものよりも断然お酒が好き!って男性は多いハズ。中でもビールやレモンサワーは大人気です。家飲みが増えた今年のバレンタインデーはビールなんかはいかがでしょう?

 

感謝の気持ちをビールでストレートに伝えるバレンタインデーもいいね![写真AC]

 

昨年バレンタインデー前に届いたAmazonからの「バレンタインにビールを!」というメールには、正直ちょっとびっくりしましたが、でもお酒好きな方ならぜったいチョコレートよりビールのほうが喜ばれそう!って思ったのです。

 

特に昨年のスペシャルお気に入りは、キリンからの『一番搾りのバレンタインギフト♡』です。が、他にもバレンタインに喜ばれる「究極のプレミアムビール」などいろいろあるのでご紹介します。

 

 

【Amazon.co.jp限定】キリン バレンタインメッセージボックス 一番搾り・一番搾り〈黒生〉

 

2021バレンタインギフトで人気だった一番搾りギフトセット

 

※2022年1月10日追記

【Amazon.co.jp限定】というところがミソで、昨年の限定商品ということで今年はまだ販売されていないようです。また、見つけ次第掲載する予定です。

 

今回は、今年のバレンタインに向けて発売された”一番搾り”と”一番搾り〈黒生〉”が2本ずつ入った、贈り物にぴったりなオリジナルギフトセットを紹介します。

 

Amazon限定発売なので情報の拡散も早そうなので、急がないと売り切れちゃうかも?ですが、男性諸君のご意見はいかがでしょうか?

 

バレンタインは甘いものをたくさんもらう日だと思っていたけど、今はちがうんだね。と思いませんでしたか?

 

「実は大好きなのはチョコレートや甘いスイーツよりもビールなのよね。」なんて本音が聞こえてきそうです。

 

もちろんスイーツ男子でお酒はあまり好きじゃない方にはぜったいあげないほうがよさそうですが、毎晩の晩酌が楽しみなお父さんやおじいちゃんへの贈り物なら、感謝の気持ちがストレートに伝わりそうなアイテムなのはまちがいなさそうです。

 

アラフォー・アラフィフ・アラカンのビール大好きな方にとっては『一番搾り』は神!なはず。晩酌を欠かすことのないアラカンの私が言うので間違いありません。

 

\Amazonには【2022バレンタインギフト】が揃っています/

Amazon.co.jp: バレンタイン ギフト

 

関連記事>>

バレンタインデーには愛と感謝の気持ちを込めて男女関係なくプレゼントを! - ragubiko’s blog

 

 

オリジナルギフトケース

 

このオリジナルのギフトケースがまた小憎たらしいじゃないですか?ふたを開けると「いつもありがとう」の感謝のメッセージが付いているんです。

 

日頃の感謝の気持ちを込めて大切なあの人へ、一番搾り麦汁だけを使った贅沢なビール「一番搾り」と、一番搾り製法で麦のうまみを引き出した、おいしく飲みやすい黒ビール「一番搾り〈黒生〉」のセットをバレンタインデーに贈ってみては?

 

アラ還な私がもしお父さんや彼氏なら、もしこのようなビールセットをもらったら、大喜びではしゃぎ回ること間違いなし!です。

 

今なら他にもバレンタインギフトにふさわしいスペシャル感のあるビールギフトがたくさん揃っています。

 

\Amazon ビールギフトを今すぐ見たいなら/

Amazon】 バレンタインギフト一覧

 

 

バレンタインに喜ばれる究極のプレミアビール

 

 

ビール 【イネディット】 バレンタインギフト セット 

 

 

 

イネディットは、まるでシャンパンのような高級ビールです。

 

世界一予約が取れないと言われつるミシュラン三つ星レストラン「エルブジ」の天才シェフとエルブジNo.1ソムリエが率いるソムリエチームと、FCバルセロナ公式ビールも手掛けるバルセロナNo.1ビールメーカー「DAMM社」のコラボで作り出されたビール「イネディット」。

 

「世界のセレブを迎えるためのビール」をコンセプトに生まれたビールで、”前例のない”究極のプレミアムビールといわれています。

 

ビールなのにワインのようなボトルの首には、赤いリボンが装飾され食卓に置いたら映えること間違いなし。

 

白い布台紙付きのギフトボックスで高級感を醸し出し、イネディットのイメージカラー[シックなブラック]で包装されているので、そのままプレゼントに使えます。

 

お酒好きな彼やご主人へのバレンタインプレゼント。

 

バレンタインの夜は、ワイングラスで香りを楽しみながら一緒に飲みたい。そんな気持ちも伝わり、きっと彼やご主人も喜んでくれるはず。


イネディットは、一般的な大麦麦芽(モルト)と小麦、2つの原料をもとに、異なるスタイルのビールをブレンドすることで、他にはない独創的な味を生み出しています。

 

酵母由来の成分を濾過していないから淡い琥珀色とわずかなにごり。ホップ、コリアンダー、リコリス、オレンジピールが調和して生まれる香りが口の中で広がり、ビールの味わいを際立たせます。

 

ビールと言えば、ジョッキで豪快に!なんていうイメージがありますが、中にはこの「イネディット」のように「食事と楽しむビール」も喜んでもらえそう。

 

普段は、ビールが大好きなビール通の方が「セレブを迎えるワインはあるけど、ビールがない」とおっしゃる皆さまが喜んでくださるような究極のビールをと、ビールのプロが研究を重ね完成させたビールです。

 

「イネディット」は、フォルム、香り、味わい、すべてにこだわりの詰まった至高の食中酒です。バレンタイン、ホワイトデーなど様々なシーンの贈り物に最適です。

 

関連記事>>

国産クラフトジンで「ジンソーダ」の時代はすぐそこ。赤鳥居 も! - ragubiko’s blog

 

 

ドラフトギネス 4本セット 【スリムパイントグラス付】

 

 

 

 

ドラフトギネスは、1759年にアイルランドで誕生したブランド。世界150カ国以上で愛飲されている、上面発酵のスタウトビールです。

 

フローティング・ウィジェットの働きで樽詰と同じ豊かでクリーミィな泡、なめらかな喉ごしが特徴です。このギフトには、330ml缶×4本にオリジナルグラス(ドラフトギネス330ml缶1本が全て注げるサイズ)が付いたWeb限定の特別なセットです。

 

 

注ぐとはじまる、泡のショータイム

 

グラスの中を滝のように流れ落ちる、きめ細かな泡。

 

ドラフトギネスを注ぐとはじまる、まるでショータイムのように幻想的な光景の秘密は、窒素を閉じ込めたウィジェット。

 

この小さなボールが、ギネス缶の代名詞とも言えるなめらかでクリーミィな泡を生み出すのです。

 

そして、麦芽の甘みとホップの苦味、ロースト感の完璧なバランス。

 

コーヒーやチョコレートをお手本にした、豊かな風味とほのかな香り。この一杯に、260年以上もの間世界中で愛されてきた歴史が込められています。

 

開封すると独特のサージング(泡立ち)が引き起こされ、驚くほどきめ細やかでクリーミィな泡を生み出します。ドラフトギネスの、他にはない飲み口と味わいはバレンタインギフトとしてふさわしいビールと言えるはず。

 

~ドラフトギネスの美味しい楽しみ方~


【Step1】冷やす

 缶を3時間以上、冷蔵庫で冷やす。

 ※グラスは冷やさないでください。

 

【Step2】グラスに注ぐ

 グラスを45度に傾け、ゆっくりと缶の中味を全て注ぐ。

 

【Step3】ショーを楽しむ

 泡が上部に落ち着くまで、対流する泡の「カスケードショー」を楽しむ。

 

関連記事>>

2022年の節分は2月3日、恵方の『北北西のやや北』に向かい黙って願いごとをしながら一気にかぶりつけ! - sannigoのアラ還日記

 

 

最後に

 

今回は、まず昨年のバレンタインギフトとして人気だったキリン一番搾りと一番搾り〈黒生〉セットのご紹介から始めたのですが、今年は残念ながらまだ発売されていないようです。発売され次第、こちらのブロブに追記しますのでしばらくお待ち下さい。

 

さらにビールいうにはあまりにも、ワイングラスで食事と楽しむことに向いているビール【イネディット】。と、注ぐとはじまる、泡のショータイムといわれるほどのクリーミーで繊細な泡が魅力な【ドラフトギネス】も合わせてご紹介しました。

 

いつもありがとうの感謝の気持ちや好きを、ビール好きなあの方へ、ストレートに伝えられそうなビールばかりです。

 

もちろんですが、20歳未満飲酒・飲酒運転はだめですからね。お酒は楽しく適量で。妊娠中・授乳期の飲酒はやめましょう。のんだあとはリサイクルですね。ってことで、今回はおしまい!

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。では、またです。