sannigoのアラ還日記

アラ還女sannigo(さんご)の穏やかな毎日を記録しています。

今日は2021年最後の【天赦日】で最上の吉日だし、皮膚の日でもあります。

こんにちはsannigo(さんご)です。いつもありがとうございます。

今日は「皮膚の日」です。11月12日を「いいひふ」とよむ語呂合わせから、日本臨床皮膚科医会が1989年に制定しました。

 

今日は2021年最後の【天赦日】で最上の吉日だし、皮膚の日でもあります。[写真AC]

 

 

 

11月12日は皮膚の日

 

皮膚に関する知識を深めてもらおうと、一般向けの講演会や皮膚検診などが各地でおこなわれるようです。

 

昨年は「新しい生活様式を考えたスキンケア」というテーマで公開講座が開催されました。

 

美しさを追求している人々にとっては、とても重要な日かも知れません。が、グレーヘアでセルフカットのアラ還世代のわたしにはあまり興味のない「皮膚の日」でした。

 

 

そんなことより今年最後の『天赦日』

 

 

そんなことよりも強欲組の組長としては、「今日11月12日は、2021年にたった6回しか来ない貴重な吉日『天赦日』なんですけど」と大きな声でお伝えしたいのです。しかも今年最後の『天赦日』です。

 

この『天赦日』とは、なんと日本の暦で最上の吉日とされる日なんですよ。みなさん気づいていらっしゃいますでしょうか?

 

さらに『天赦日』は、天がすべての罪を赦(ゆる)すという最上の吉日で何をするにも良い日ともされています。

 

新しいことを始めたり、お財布や縁起物を新調する日には最適な日とされているので、もし宝くじやロト6などのに今年最後の運試しをしたい!方には最適な日です。

 

今年の年末ジャンボ宝くじに天赦日パワーは使えない!

 

じつは今日は、今年最後の『天赦日』というだけでなく、『大安』もかさなっていて本当に何をしてもまちがいないダブルで縁起のいい日なんです。

 

2021年年末ジャンボ宝くじの発売がそろそろ話題に上がるころかと思って検索してみたところ11月24日(水)から12月24日(金)までが発売期間とのこと。

 

残念ながら、今日が今年最後の『天赦日』ですから、今年のジャンボ宝くじ発売日に間に合わず、今回の購入にこの今年最後のダブルで縁起の良い日のパワーは使えないことが判明しました。

 

ちなみに大きな夢が買える年末ジャンボ宝くじ、今年は1等賞金は7億円、1等の前後賞が各1億5,000万円で、1等・前後賞を合わせると10億円とかなり豪華です。

 

同時に発売される年末ジャンボミニは、1等が3,000万円、1頭の前後賞が各1,000万円で、1等・前後賞合わせて5,000万円だって!

 

やっぱり、今回は古民家や畑付きの中古戸建てを掛けて「ジャンボ宝くじ」に挑戦しようと思っています。

 

買い方はもちろん、これまでの当たると信じてきた買い方で、連番10枚+バラ20枚の30枚の予定。う~ん!非常に楽しみであ~る。

 

「ジャンボ宝くじ」の購入は、当たり前のように縁起日に買わないと当たる確率が下がる気がするし、縁起物の購入は縁起日にすることで幸運パワーがアップすると言われていますから、縁起日のチェックはとても大事!

 

関連記事>>

財布の寿命ってあるの?「金運アップ」する財布の購入日/色/素材/捨て方② - ragubiko’s blog

 

今後の11月、12月、2022年1月の縁起日はこんな感じです。年末年始の計画に役立ちます。

 

《残りの11月の縁起日》


◇11月12日(金):大安、天赦日

◇11月14日(日):寅の日

◇11月18日(木):大安

◇11月21日(日):一粒万倍日

◇11月22日(月):一粒万倍日

◇11月24日(水):大安

◇11月26日(金):寅の日

◇11月30日(火):大安

 

《12月の縁起日》

 

◇12月3日(金):一粒万倍日

◇12月4日(土):大安、一粒万倍日

◇12月8日(水):寅の日

◇12月10日(金):大安

◇12月16日(木):大安

◇12月17日(金):一粒万倍日

◇12月18日(土):一粒万倍日

◇12月20日(月):寅の日

◇12月22日(水):大安

◇12月28日(火):大安

◇12月29日(水):一粒万倍日

◇12月30日(木):一粒万倍日

 

《2022年1月の縁起日》

 

◇1月1日(土):寅の日

◇1月8日(土):大安

◇1月11日(火):天赦日、一粒万倍日 

◇1月13日(木):寅の日

◇1月14日(金):大安、一粒万倍日

◇1月20日(木):大安

◇1月23日(日):一粒万倍日

◇1月25日(火):寅の日

◇1月26日(水):大安、一粒万倍日

 

【金運吉日カレンダー】

 

大安:六曜の中でも最も吉とされる日です。結婚式などの慶事など、万事が両校に進むとして、何をしても成功する縁起の良い日とされています。

 

一粒万倍日:一粒の籾(もみ)が、万倍にも増えて稲穂になる。という意味から、わずかな元手が何倍もの利益になるとされる金運祈願日。また、新しいことを始めるのにとても良いとされる日です。

 

九星:九星は運勢に大きな影響を与えるものとされ、それぞれの九星に合った行動をとることで金運祈願につながるといわれています。

 

寅の日:金運カラーとされる黄色い虎(寅)は、お金を生み育て、増やしていく力が強いとされています。この日は、金運祈願に関わる行動を起こすのに最適な吉祥日です。

 

天赦日:天が全てのことを赦(ゆる)すという日で、1年で数回しかない最高の大吉日。結婚・開店・仕事初めなど、何をしても幸運に満ち順調に進むといわれています。

 

満月:満月は月の引力が最大になる日で、月光浴やパワーストーンの浄化には満月の夜が最適とされます。運気が好転するタイミングともいわれています。

 

関連記事>>

2022年は九星気学において36年ぶりの【五黄の寅】非常に強い運勢を持つ年 - sannigoのアラ還日記

 

 

縁起物の購入ならラッキーショップ

 

たとえばジャンボ宝くじが当りますように!という願いを込めて購入する縁起物や縁起財布や置物などはどこで購入できるのかしら?

 

おみくじやお守りや破魔矢などは神社で買っているけど・・・。そんな悩みをお持ちならラッキーショップでの購入がおすすめです。

 

購入のたびにポイントを貯まるので、新しい縁起物の購入に役立てることができますし、大安吉日と寅の日に商品を購入するとポイントが2倍GETできます。

 

さらに11月23日(火)までは『大金運到来!?キャンペーン』が開催されているため、商品を購入された方の中から抽選で888名様にジャンボ宝くじ10枚がプレゼントされます。

 

「ジャンボ宝くじ」や「宝くじ」で大きな夢を描いているみなさまに、さらにジャンボ宝くじをプレゼントして当選確率をアップさせてくれる、なんて粋なプレゼントでしょう。

 

ちなみに、どんなものが人気でよく購入されているのか気になりませんか?先週末の人気商品ランキングを載せておきますのでご参考になさってくださいませ。

 

やはり、11月も半ばということで来年の準備でしょうか?金運万倍カレンダーがダントツの人気みたいです。

 

来年は36年に一度の最強金運の年「五黄の寅」ですから、この金運万倍カレンダーで日々縁起の良い日を意識して暮らせば最強の年になりそうですし、もちろん日々の用事のメモも書けますものね。

 

 

【11/19(金)時点の人気商品ランキング】

 

≪1位 ≫ 黄虎發財財布(ファスナータイプ)※12/8(水)までの限定販売

“黄色”と“虎”の本格風水パワーで大金運を目指しましょう!!

 

≪ 2位 ≫ 金運万倍カレンダー 令和4年

月ごとに開運の縁起物が描かれた、2022年版金運カレンダー!!

令和4年金運万倍カレンダー

 

≪ 3位 ≫ 金運黄金大明神(寅の子)

かわいらしい金色の子虎が大切な小判を守っている縁起物!!

www.lucky-shop.jp

 

 

≪ 4位 ≫ 黄虎發財財布(広口タイプ)※12/8(水)までの限定販売

“黄色”と“虎”の本格風水パワーで大金運を目指しましょう!!

 

≪ 5位 ≫ 黄虎發財財布(二つ折りタイプ)※12/8(水)までの限定販売

“黄色”と“虎”の本格風水パワーで大金運を目指しましょう!!

 

関連記事>>

財布の寿命ってあるの?「金運アップ」する財布の購入日/色/素材/捨て方① - ragubiko’s blog

 

 

まとめ

 

11月もちょうど折返し地点に差し掛かるこの時期は、なんとなく気も急いてきます。なぜなら昭和時代には年末の風物詩でもあった「年末ジャンボ宝くじ」が発売されるから。

 

アラ還世代のわたしだからなのか?もしくは、ただ強欲組の組長だからなのか?

 

どの「ジャンボ宝くじ」でも、発売されるころはいつもワクワク・ドキドキが止まりません。

 

きっと、最高10万円が一度当たっただけなのに、「あの奇跡をもう一度!」と、30年以上連続購入している変わり者だからですね。

 

「当たったら、マンション一棟買いで仲良しのおひとりさまみんなで暮らしたい」とか「ほんの小さなお庭でも、大根や小松菜などの野菜からシークワーサーやシャインマスカットなどを育ててみたい」という大きな夢やあこがれをいつも心のなかに持っているからかも知れません。

 

このワクワク・ドキドキ感を、ぜひZ世代のみなさまにも味わっていただければうれしいのですが…。

 

今日は朝から「天赦日」ということで、天がすべての罪を赦(ゆる)すという最上の吉日なのだからと、何をやってもうまくいく!と信じて、床にクイックルワイパーをかけてみましたが、とくに何も起こらず。

 

暦のうえでの「縁起日」ですが、朝の番組での占いや新聞や雑誌の星座占いなど、とにかく「いい日ですよ♪」って言われるだけで気分が上がるのはなぜでしょう。

 

まあ、きっと単純だからだとは思うのですが、逆に「よくない日だよ」って言われたときの落ち込みようの激しさをどうにかしたいといつも考えています。

 

皆さんは、そんな占いとか暦とかあんまり気になさらないのでしょうか?最近は占いの番組まであってブームなのかもしれません。

 

占いで一時代を築いた細木数子さんもいなくなってしまいましたし、これからは自分で占いを勉強して結論を出すのも楽しいかも?です。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。では、またです。