sannigoのアラ還日記

アラ還女sannigo(さんご)の穏やかな毎日を記録しています。

浜松市天竜区にある家康と武田が戦った二俣城跡、鳥羽山城跡、さらに清龍寺まで

こんにちはsannigo(さんご)です。いつもありがとうございます。

家康が遠江に持っていた城は数多くあります。特に浜松城の支城として知られるのが二俣城と鳥羽山城です。武田信玄との間に2度、3度と大きな戦いが行われた城になります。

 

また、この二俣城は1579年(天正10年)、徳川家康の長男である岡崎三郎信康が、同盟を結んでいた織田信長から信康の処断を促された父親である家康の命により自害した場所としても知られています。

 

二俣城跡の尾根つづきにあり、長男の信康を供養するために、山号を信康の名前から『信康山』とし信康の廟所として家康公によって建立されたのが清龍寺です。

 

今回は浜松市天竜区にある二俣城跡、鳥羽山城、さらに清龍寺についても調べていきます。

 

徳川家康公の石像

 

 

 

二俣城跡と鳥羽山城跡

 

二俣城跡および鳥羽山城跡は、山間部と平野の境に位置する浜松市天竜区二俣町にある戦国時代の山城です。


二俣は天竜川と二俣川の合流地点にあたり、東西南北の伸びる主要な街道の分岐点があったことから古くから交通・交易の中心として栄えてきました。

 

戦国時代には今川氏、徳川氏、武田氏、豊臣氏といった名だたる有力大名がその領有に関わってきました。天正期の二俣地区には、二俣城、鳥羽山城、二俣古城の3つのお城が存在していたそうです。

 

二俣古城(笹岡城)

 

二俣城(城山)の始まり二俣古城(笹岡城)の築城年は明らかではないものの、遠江国風土伝記によると、駿河の守護今川氏の家臣によって室町時代末期に現在の天竜区役所の周辺に築かれた城館のようです。

 

二俣古城は、南北朝時代(14世紀前半)にも存在し、16世紀前半までの”二俣城”とは、この二俣古城を指すと考えられています。

 

戦国時代になり戦略上の理由から現在の二俣城として城山に移ったとされ、その向かいに鳥羽山城が築かれると2つで1つの城を構成する『別城一郭(べつじょういっかく)』の特徴を持つ城になりました。

 

別城一郭

 

別城一郭とは、2つで1つの城を構成する形態の城で、両城は機能の違いが顕在化した戦国時代の城郭の姿を伝える貴重な城跡。

 

二俣城跡

 

場所は浜松市天竜区二俣町

 

《アクセス》

 

天竜浜名湖線:「二俣本町」駅から徒歩約10分

車:新東名高速道路浜松浜北ICから約10分

  国道152号経由

駐車場:二俣城跡入口に6台分の駐車場あり

トイレ:公衆トイレあり


二俣城は1560年(永禄3年)『桶狭間の戦い』以降に軍事的強化を目指して、本格的な造営が始まったと考えられます。天竜川と旧二俣川の三方を囲まれた天然の要塞の地に築かれた山城で、この二俣城をめぐり、徳川と武田との間で攻防戦が繰り広げられました。

 

1514年(永正11年)徳川家康の遠江侵略が始まると、時の城主・松井氏は戦わずして徳川の配下に入りました。

 

1572年(元亀3年)、遠江に大軍を率いて侵攻した武田信玄が、徳川との三方ヶ原の戦いの前哨戦ともいえる二俣城を攻め始めます。

 

<p武田軍は天然の要塞である二俣城を攻めあぐねますが、城に立てこもる城兵が崖に櫓を建て川から水を汲み上げているのを知り、上流から筏を流し井戸櫓の釣瓶を破壊します。徳川勢は約2ヶ月籠城の末、水の手を断たれ降伏しました。

 

1575年(天正3年)、長篠の戦いで武田勝頼に勝利した家康は、武田勢を一掃すべくすぐに二俣城を攻撃しました。この時家康が本陣を置いたのが鳥羽山城、他に3ヶ所に砦を築いて二俣城を完全に包囲したといわれています。

 

激しい攻防戦の末、兵糧が尽きた武田は7ヶ月に渡る籠城の末降伏し、二俣城は再び徳川の城となったのです。

 

徳川の城となった二俣城には大久保忠世が入城します。が、1590年(天正18年)豊臣秀吉の小田原の北条氏征伐後家康が関東に移ると、豊臣秀吉の家臣堀尾吉晴が両城を保有し、その時代に石垣や天守台を持つ近世城郭へ整備されたと考えられます。

 

1600年(慶長5年)『関ケ原の戦い』ののちに、堀尾氏が転封し再び徳川の城となりますが、江戸時代初頭に二俣城と鳥羽山城は廃城になりました。

 

二俣城の主要な遺構は南北300m、東西250mの範囲にあり、堀で区画された施設の要所には石垣がみられます。2009年から2015年に行われた丘陵全体の測量調査・発掘調査によって二俣城の遺構が明確になりました。

 

現在、二俣城跡は城山公園となり、今も何重にも巡らされた深い堀切や切岸や土塁が残されており、その急斜面や高低差から軍事施設として充実していた戦国時代の城の姿を思い浮かべることができます。

 

・天守台

かなり広い本丸跡の西側には小規模な野面積みの天守台が残されています。

・大手門跡

・仲仕切門跡

・堀切

二の曲輪跡と蔵屋敷跡の間、そして蔵屋敷と南曲輪跡の間にはそれぞれ堀切があり、城跡の北側には深い空堀が残っています。

・切岸
・土塁

 

などが見られ、二俣城は土造りの戦国時代のお城から、石垣や瓦葺きの建物を持つ近世城郭へと姿を変える過渡期の様子を今に伝えます。

 

鳥羽山城跡

 

場所は浜松市天竜区二俣町

《アクセス》

天竜浜名湖線:「二俣本町」駅から徒歩約10分

車:新東名高速道路浜松浜北ICから約10分

  国道152号経由

駐車場:駐車場あり

トイレ:公衆トイレあり

 

鳥羽山城跡は、二俣城の南に広がる東西1000m、南北500mほどの独立した丘陵地にあります。二俣城とは南北500mほどの至近距離にあります。

 

徳川家康が二俣城攻略の際、本陣を置いた地として伝わる鳥羽山城。旧二俣川をはさんで二俣城と向き合う鳥羽山の頂きに位置し、天竜川を眼下に見下ろし遠く浜松城までも見渡せた場所にありました。

 

1575年(天正3年)、織田とともに武田勝頼に勝った家康は、すぐに二俣城奪還に乗り出します。二俣城の南の鳥羽山城に本陣を置き、東の毘沙門堂(本多忠勝が布陣した砦として知られる)、北に蜷原(になはら)、西に和田ヶ島(わだがしま)に砦を築き、二俣城を包囲しました。

 

二俣城攻略後の1590年(天正18年)から1600年(慶長5年)の間、二俣城を領有した堀尾氏によって石垣を備えた城郭に改修され、別城一郭となる二俣城の一部として利用されました。

 

高い軍事機能を持った二俣城に対し、鳥羽山城は破格の大きさで開放的な大手道や枯山水式庭園が構築されるなど、居館や迎賓館的な性格が強いことが特徴といえます。大手道の内側や正面には石垣が積まれ、その美しい景観は迎賓機能を持つ景観としての性格を表しています。

 

開放的な幅6mの櫓門(やぐらもん)であったと考えられる大手門、大きな石を織り混ぜ、ゆるやかに積まれた石垣は優美な雰囲気を感じさせます。

 

本丸東側に残された庭園は枯山水式庭園で、滝石組(たきいわぐみ)や配石から京用の意匠が読みとれ、美意識や技術の高さが伺えます。

 

滝石組とは、石で組まれた滝のことで、水を落とすように石を組むのですが、池泉庭園や枯山水などで、最初から水を落とす意思がなく組まれた枯滝石組も、同様の名称を持ち入ります。また、これとは逆に、元々は水が流れていたものが現在では枯れてしまっていることから、枯滝石組と称してるものもあるそうです。

 

清龍寺(せいりゅうじ)

 

場所は浜松市天竜区二俣町二俣1405

《アクセス》

天竜浜名湖線:「二俣本町」駅から徒歩約10分

車:新東名高速道路浜松浜北ICから約10分

  国道152号経由

駐車場:山門の坂を登った先の本堂前に5台分の駐車場あり。坂が急で狭いのでご注意ください

すぐ横には「本田宗一郎ものづくり伝承館」があり、多数のオートバイが展示されています。

トイレ:「本田宗一郎ものづくり伝承館」の横にあります。

 

清龍寺は静岡県天竜市にある浄土宗知恩院の末寺で山号は信康山です。

 

岡崎三郎信康が、徳川家康公の嫡男でありながら織田信長に謀反の疑いをかけられ、21歳の若さで二俣城で自害した信康を供養するために、山号を息子信康の名前から『信康山』とし家康公によって建立されたのがこの清龍寺です。

 

また、本田宗一郎氏が幼い頃鳴らしたという鐘もあり、ここでおにぎりを食べたという逸話も残されています。

 

二俣城跡の尾根つづきにあり、本堂には岡崎三郎信康の位牌が祀られ境内には信康廟が建立されています。また、門前には二俣城水の手攻め名残りの井戸櫓が復元されています。

 

本来なら家康公の嫡男として二代将軍になっていたであろう信康ですが、信長から処断を促された実の父親である家康の命により自害したという、戦国時代の悲劇ともいえる出来事でした。

 

この寺の本堂へ向かう途中に池があり、その池にある小さな滝(清滝)から一筋の水が落ちています。この水は裏山から湧き出た水で、未だに枯れたことがないといいます。

織田信長に謀反の疑いをかけられ自害した信康の涙が流れ続けているのかもしれません。

 

本堂内には1857年(安政4年)増彫の徳川家康の木造や、信康の位牌、徳川家歴代将軍の位牌が安置されています。

 

山門は1668年(寛文8年)に建立された四脚門で、江戸時代は「下乘」の高札が建てられ、馬をもって乗り入れることは許されていなかったそうです。

 

ちなみに、ここに葬られているのは信康の胴で、首塚は愛知県岡崎の若宮八幡宮に葬られました。信康廟の近くには、殉死した吉良於初(初之丞)、当時の二俣城主だった大久保忠世、三方原の戦いで討ち死にした中根平左衛門正照、青木又四郎吉継の墓も並んでいます。

 

なぜ家康は信康を殺さなければならなかったのか?

 

どうして家康は、長篠の合戦の3年後に実の息子の信康に自害を命じなければならなかったのでしょうか?理由については諸説あります。

 

通説では、1579年(天正7年)7月、信康の正妻で織田信長の娘である徳姫が、信康と築山御前が武田氏に通じていると信長に訴えます。訴えを聞いた信長が激昂し、家康に築山御前と信康の処断を求めたといいます。

 

当時信長は家康にとっては同盟相手でしたが、力関係でみると圧倒的に信長のほうが強く家康にとっては逆らうことができない相手だったのです。

 

まず8月29日に、家康の正室で信康の母である築山御前が、浜松の佐鳴湖に近い小籔村で38歳の若さで生涯を閉じます。

 

築山御前は井伊家の血を引く姫でした。ということは、嫡男の信康も井伊家の血を引く人だったということです。というのも、「おんな城主直虎」で登場した直虎の祖父で井伊家城主だった井伊直平の娘が今川に嫁いでいます。この嫁いだ娘が生んだのが築山殿、つまりは直平の孫だったということです。

 

関連記事>>

家康ゆかりの街浜松の『西来院』と『太刀洗の池』で築山御前を偲ぶ - sannigoのアラ還日記

 

家臣からの信頼も厚く、将来を嘱望されていた信康に切腹を命じることを、家康の家臣は反対していたといいます。が、家康は苦渋の決断で信康に切腹を命じ、9月15日にかねてから二俣城に幽閉されていた信康は自害します。享年21歳。

 

なんといっても『信康』という名は、信長と家康の清洲同盟の証しで、「信」は織田信長から、「康」は徳川家康からとって改名したものです。しかも、同盟を結んだときに、信長は自分の7歳の娘「徳姫」を、7歳の信康の嫁にするほど密な関係だったのですから、どうしてこうなった?と疑問も残ります。

 

ただ、最近は古文書などの研究が進み、徳姫から信長に送られたという『12か条の訴状』の8条しか残っていないことや、内容が女性の文章ではないのでは?から始まり、家康が信康を徳川家の後継者と決めていたならば、松平信義ではなく「徳川信義」と名乗っていたのではないだろうか?など、通説以外の説も考えられるようになってきたそうです。

 

その説というのが、信長からの命ではなく、家康(浜松派)と信康(岡﨑派)の確執があったから、信康は自害に追い込まれたというものです。

 

一向一揆のあと、家康は家臣団を整備して、東三河の旗頭を酒井忠次、西三河の旗頭を石川数正(岡崎城の城代もつとめる)としています。

 

ところが、酒井忠次の家臣”家忠”が「実際にあったことだけ」を書いたという、かなり信憑性の高い『家忠日記』によると、どうやら家康が構築した三河国衆への指示系統と、後継者として振る舞う信康の行動が、家康の軍事制度と一致しないため国衆にとまどいがあるような事実が書かれています。

 

家康の軍事制度が信康によって壊されたことで家康家臣団が壊れてしまう可能性もあり、何よりも尾張の同盟関係にある織田信長がどう思うかが、家康にとって大いに気になったのかもしれません。

 

さらに、『家忠日記』には「信康と徳姫の仲違いを家康が治めにやったきた」などと書かれていることから、信康と信康の正室徳姫つまりは信長の娘の不仲が、信長の怒りに触れないかと家康が心配していたことがわかります。

 

家康の母である於大の方の兄で家康の叔父にあたる水野信元は、松平元康(のちの家康)が今川家から独立して岡崎城に復帰すると、1562年に織田信長と徳川家康の間を仲介し、清洲同盟の締結に貢献しています。さらに三方ヶ原の戦いでも、家康の援軍をしています。

 

※水野信元が松平家から織田家に寝返ったことをきっかけに、今川寄りの松平家はまだ3歳の家康の母である於大の方を離縁します。その後於大の方は阿久居の坂部城主・久松俊勝再嫁しています。

 

その水野信元が1576年、織田家の佐久間信盛に「武田勝頼と内通したり、兵糧を武田勢に送った疑いがある」と信長に報告されたため、信長からの命で家康が三河大樹寺に呼びつけ平岩親吉に暗殺させています。その後、夫を失った於大の方と子らを家康が引き取るという事件がありました。

 

そんなこともあったことから、家康は信長に信康が粛清されることを心配してか、信康を岡崎城から退去させ大浜(愛知県碧南市)へ、さらに浜名湖堀江城(現在の浜名湖パルパルの場所)へ移します。家臣たちにも信康との手紙のやり取りを禁止していたようです。さらに信康を二俣城に移した家康は、そこで信康を自害させます。

 

信康の亡骸は、城から嶺続きにある小松原長安院(のちの清龍寺)に葬られました。家康は信康の菩提を弔うために小松原長安院の山号を信康山と変え、行基が作ったとされる聖観世音像を奉納したとされていますから、決して信康を嫌っていたとは思えません。

 

数正は豊臣へ、親友は信康のために命も投げ出すと!

 

家康の嫡男信康が元服してから、その後見人を任され西三河の旗頭も務めていた石川数正は、信康の自害後には信康に代わって岡崎城を預かり城代になります。が、のちに豊臣秀吉に臣従して家康を驚かせます。

 

岡崎城代だった石川数正は、織田信長が本能寺で死去し、代わって豊臣秀吉が台頭するようになると、その交渉役としてその担当になります。そんな中、1584年(天正12年)の小牧・長久手の戦いが終結すると、翌年11月13日に数正は突然豊臣秀吉に向かって出奔し臣従し、家康を震撼させたことは有名です。

 

この出奔は未だに謎とされ、その明確な理由はわかりません。秀吉との交渉を担当した結果、秀吉に引き抜かれた?もしくは、徳川と豊臣の和睦を主張し、家中での立場がなくなってしまったから?など諸説あります。

 

はっきりしません。が、徳川家の事を充分すぎるほど知り尽くした家臣が、豊臣家に移ったとなれば一大事です。とりあえず、家康は軍政を従来のものから武田流に改めたとされています。

 

もう一人、信康の元服以降、傅役(もりやく)として補佐していた平岩親吉(ひらいわちかよし)は、織田信長から信康の切腹を家康が要求された時には、親吉は責任は自分がかぶり、自らの首を信長に差し出すことを求めたのですが、信康の処断を防ぐことができず、その責任を感じて蟄居謹慎しました。もちろん後に家康に許され、再び家臣として復帰しています。

 

この平岩親吉とは、徳川家康と同い年で、幼少の頃には織田氏や今川氏へ人質として送られていた時代をともに過ごした親友です。遊び友達であり、同級生でもあり、そして家臣でもある親吉は、終生にわたり家康に仕え続けた人です。しかも子のいない親吉に自分の子を養子にするほど、固い絆で結ばれていました。

 

最近人気の信康さん

 

「りりしい姿だけど、家康くんとちょっと違う!いやだいぶ違う!怖い」と評判のご当地キャラ『信康さん』をご存知でしょうか?2022年6月には東京進出を果たし、あの麗しの市川染五郎さんと歌舞伎座で握手までしてもらい、そのキャッチコピーは「キモかわいい」に定着しているとか。

 

本当にお姿を一目見ていただければ、すべて納得していただけるのでしょうが・・・。まだお会いしたことのないため、画像をアップできないのが残念です。

 

この浜松市天竜区にいる『信康くん』ですが、実は地元の皆さんも苦笑いするほどチャーミングな歌舞伎役者のようなお顔をしていらっしゃいます。まるで海苔のように真っ黒できりりと締まった眉、吊り目と言ってしまってもいいのかしら?その人を睨むような目。顔の大きさは染五郎さんの3倍〜4倍はありそうだし、だけども、お口はちょこっとおちょぼ口。

 

そんなゆるキャラとはいい難い『信康くん』も、すでにバージョンアップを済ませた2代目というから驚きです。実は、この『信康くん』は手作りで浜松市天竜区の「信康の会」の皆さまが愛情を込めて世に送り出しているそうです。

 

信康はここまで調べてきたように、家臣にも慕われ、若いながらもしっかり岡崎城を治めていたものを、定説では織田信長の命令により、実の父親である家康に21歳で切腹させられた、勇敢で人格に優れた悲劇の武将です。『信康くん』にはそんな哀愁が込められているのを感じます。

 

2015年のデビューから、さまざまなイベントにも登場しているようで、2023年放送の大河ドラマ『どうする家康』を契機にもっと活躍することを期待しています。いつか会えますように♪

 

参照元:徳川家康 - Wikipedia

清瀧寺/ハローナビしずおか 静岡県観光情報

二俣城 - Wikipedia

 

関連記事>>

浜松の犀ヶ崖古戦場(犀ヶ崖資料館)は観覧無料 三方ヶ原の戦いで大敗した家康が偲べ 

 

まとめ

 

今回の家康ゆかりの地浜松は、天竜区にある桜の名所『鳥羽山城跡』、さらに徳川家康の嫡男信康が不幸な死を遂げた『二俣城跡』、そして、亡くなった信康公を供養するため家康公が建立した『清龍寺』について調べています。

 

『鳥羽山公園』には小学生の頃から遠足でよく出かけましたし、社会人になってからは桜の名所のため「お花見」にも何度か出かけています。が、何気なく通り過ぎてきてしまったことを後悔するほど、歴史的にも天竜はどえらい場所だったことを思い知りました。

 

現在のこの平和な時代(最近はちょっとコロナや戦闘でそこまで平和ではないかも)も、実は、かつて鎧兜で人の命を軽んじ続けてきた日本という国に、約260年以上も続く戦争のない平和な時代を築いてくれた徳川家康のおかげだと知ったのは最近です。

 

大河ドラマで遅まきながら歴史に興味を持ち、学校では教えてくれなかった(学ぼうとしなかった)戦国の世を勉強している今がとっても楽しいアラ還でした。

 

ということで、今回はこのへんでおしまい!最後までお読みいただきありがとうございます。では、またです。