sannigoのアラカン日記

アラカン女sannigo(さんご)穏やかな毎日を記録しています。

トップリーグ2020順位 ヤマハ3位に浮上!パナと神戸製鋼が全勝キープ!

こんにちは、sannigo(さんご)です。

この記事はラグビーファン歴12年のさんごが『ラグビートップリーグ2020』を応援している『ヤマハ発動機ジュビロ磐田』のことを中心に書いている記事です。

他チームを応援されている方が不愉快な気分になるような内容ではありませんが、感じわるっ!と思ったらごめんなさい。

 「ラグビートップリーグ2020」第5節までの結果

「ラグビートップリーグ2020」は第5節を終え、今週末は第6節を迎えます。

(2月19日投稿)

f:id:sannigo:20200106185441j:plain

スクラムを組んでいるラグビー選手たちの写真

 

 ヤマハの現在の順位

第3位です。

 

そうです、私が応援するヤマハの只今の結果は?

 

「ヤマハ発動機ジュビロ」は全勝の「パナソニック」と「神戸製鋼」に続いて第3位です。

 

そりゃー昨年だって3位なんだから、あたりまえ!と思われるかも知れませんが・・・

 

実は昨年のチームの堀江恭佑キャプテンは今シーズンから「日野」で活躍されています。現在は大戸キャプテンががんばっています。

 

監督はあの有名な清宮監督だったのですが、お辞めになって日本ラグビー協会の副会長になられました。同時に何人かの選手が抜けました。

 

といったマイナス要素があります。

 

逆にプラス要素は、日本代表のスクラムコーチの長谷川慎コーチが4年ぶりに戻ってきてくれました。

 

フランスへラグビー留学していた日野剛志選手が戻ってきてくれました。

素人目にも日野がフランスに行っている間のヤマハのラインアウトはひどかった。(ごめんなさい!)

 

そんな、ヤマハチームはこのトップリーグ前にフランス遠征してきびしいトレーニングをしてきたと聞いています。

 

今回こそ、神戸製鋼を1位の座から下ろしてやろうじゃないか!

えっ!すでに神戸製鋼に負けているのに・・・。

いいんだよ。今から全試合を勝てばいいんだよ!

 

というわけで、残り10試合ですね。

今後の上位チームとの対戦を見てみましょう。

 

現在2位の神戸製鋼とは第2節で対戦して負けているので、置いときます。

 

・現在1位 パナソニック対ヤマハ:第14節4月25日土曜日(エコパスタジアム)

・現在4位 クボタ対ヤマハ:第11節4月4日土曜日(エコパスタジアム)

・現在5位 東芝対ヤマハ:第7節2月29日土曜日(秩父宮)

・現在6位 サントリー対ヤマハ:第8節3月7日土曜日(エコパスタジアム)

 

現在上位の4チームの内、3ゲームはエコパスタジアムなので、ほぼほぼホームグラウンドです。

応援がんばりましょう!応援次第で決まるんじゃない?なんてね(笑)

 

ちなみに私は第8節3月7日対サントリーチケット取れてます。もちろん応援に出かけるつもりです。

 

 現在までの試合結果です。トップリーグのホームページから引用しています。

f:id:sannigo:20200219174914p:plain

トップリーグ現在の結果2020/2/19

 

引用元

ジャパンラグビートップリーグ公式サイト

 

コロナウイルス感染の影響 

 

「ジャパンラグビートップリーグ2020」は2月15日、16日、第5節が行われました。

トップリーグでは、2月15日から新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、試合会場での選手と観客が接触するファンサービスを自粛することになってしまいました。

ヤマハは2月7日に、『2020年2月の練習見学について』というタイトルでウェブサイトで報告がありました。

 

「新型コロナウイルスの感染並びにインフルエンザの感染が拡大しております。つきましては感染予防のため、2月の練習見学におけるファンサービス(サイン・記念撮影など)を一時中止させていただきます。見学は可能です。

 

 ファンサービスを楽しみにされている皆様には大変申し訳ございませんが、ご理解のほど賜りますようお願い申し上げます。」

 

「ご見学の際はマスクを着用し、感染予防にご協力賜りましょうに重ねてお願い申し上げます。」

 

という内容でした。残念ですが、こういう状況なので仕方ないですよね。

今後の対応もきっと状況によって変わっていくのではないでしょうか?

 

トップリーグの第5節までの観客数は?

ジャジャン!30万人を超え、かなり大きな盛り上がりを見せていたのですが、今後はコロナウイルス感染の影響で少し減ってしまうのでしょうか?

 

観客数は注目を集める組み合わせが多かった開幕節から徐々に落ち着き、第4節は7会場で56,572人だったが、第5節は6会場で計56、083人でした。

 

第5節「パナソニック」対「東芝」が行われた熊谷ラグビー場、「サントリーサンゴリアス」対「トヨタ自動車ヴェルブリッツ」という注目戦の大阪ヤンマースタジアムなどは2万人を超えたようです。

 

2月15日の秩父宮ラグビー場ではサンウルブズの試合も行われ、こちらも2万人近くの緩観客を集めています。

 

まだまだ、ラグビー人気は衰えていませんよ。ただ今後はコロナウイルス感染の影響もあって、少し減ってしまうのかな?と思っています。

 

最悪の場合は観客を入れずに試合だけ行われるなんてこともあり得ますよね。

覚悟はしておきます。

 

 第4節と第5節の振り返り

さて、第4節と第5節のヤマハの試合を振り返ってみます。

 

第4節 

2020年2月 1日(土) 11:30 キックオフ

対日野:19:48 前半5:17 後半19:48

会場:愛知県:パロマ瑞穂ラグビー場

実はトップリーグ開幕から4週連続で毎週末行われていました。

本当におつかれさまですよね。

 

第4節は名古屋のパロマ瑞穂ラグビー場にて「日野レッドドルフィンズ」との対戦でした。

前半

風下での前半10分に日野にラインアウトからの先制いトライを奪われます。

 

17分にはグリーン選手が中央からトライを決め、五郎丸のコンバーションも決まる。ここで5:7と逆転します。

 

その後もヤマハがボールを保持し、29分に桑野選手が左隅にトライを決めます。さらに大戸主将が相手ディフェンスをすり抜けて独走。

 

最後はサポートした植木選手がトライを奪い、5-17とリードして前半を終えます。

後半

風上での後半、3分にゴーグル姿(花粉症なんだって)の矢富(勇)選手が鋭いパスを放ち、松本選手がトライを決めます。そこですでに5-24とかなりのリードです。

13分に日野のギリース・カカ選手にトライされます。コンバーションも決まり12:24。

21分にサム・グリーン、24分にゲリー、28分にマロ・ツイタマ、30分にヴィリアミ・タヒトゥアがトライ。サムのコンバーションも決まり12-48まで引き離します。

39分に日野のジャック・デブラシーニがトライ、粘りを見せますがヤマハの勝利が決まります。

勝利後の堀川監督と大戸主将のインタビューです。

■堀川監督
今日は“和製フォワード”で挑んだ試合でした。

おそらく、トップリーグ16チームの中でフォワードを日本人選手だけで組めるのはヤマハだけだと思います。

 

その“和製フォワード”と、前進することに期待をかけたバックスの海外選手たちのシナジー効果がどう出るのか、そこに焦点を当てていました。

 

試合では、フォワードはよく走り、よくボールを獲得。

スクラムも押し勝ってくれました。また、バックスは確実にボールを前に運び、評価に値する素晴らしい動きを見せてくれました。

 

特に良かったのは前半、風下での戦い方。選手たちがゲームをコントロールして、得点を重ねてくれました。

 

逆に風上の後半は、相手のペースにはまる時間帯があり、ここはヤマハの若さ。2週間、また選手たちと会話しながら、成長していきたいと思います。」

 

■大戸主将
「今日もたくさんの方々の中でプレーでき、皆様のご来場に心から感謝します。

 

試合ですが、スターティングのフォワード選手が日本人選手だけのメンバーでしたので、いつもよりも気合いを入れて試合に臨みました。

 

もちろん、いつも気合い十分ですが、今日は特に本領を見せよう!とまとまることができました。

 

フォワードがしっかりとセットプレーでボールを獲得し、バックスが得点に結びつける動きを見せてくれ、全員が自分のやるべき役割を果たしてくれたと思います。

 

ただ、堀川監督のコメントにもあったように、風上での戦い方に課題が残る試合となりました。

 

そこを克服して、さらに良いラグビーができるように頑張りたいと思います。」

 引用元 

2020トップリーグ 第4節 - 試合日程・結果 | ヤマハ発動機ジュビロ(ラグビー)

 

第5節

2020年2月15日(土) 11:30 キックオフ

対NTTドコモ 7:82 前半0:47 後半7:82

会場:大阪府:ヤンマースタジアム長居

第5節は大阪のヤンマースタジアム長居にて「NTTドコモ」との対戦でした。

朝からヤンマースタジアム長居の周囲には来場者による長蛇の列だったようです。

前半

NTTドコモのキックオフで試合が始まり、ヤマハがボールをキャッチしてわずか32秒でサムがトライ、五郎丸がコンバーションを決め早くも0-7で好調な滑り出しです。

 

このトライで勢いに乗ったヤマハは、4分に篭島選手、7分にツイタマ選手と立て続けにトライを決め、わずか10分で0-26と流れを完全につかみます。

 

そのまま、ツイタマ選手のトライに、ナーマヌ選手が2本続けてトライを決め、さらに日野選手も飛び込みトライを決める。前半だけで7トライを奪い0-47で前半を終えます。

 

このとき、応援に行けなかった私はツイッターでこの前半の結果を知り、薬局に居たのですがその場でガッツポーズを決めました。これはまた完封か?と「捕らぬ狸の皮算用」でした。

後半

後半はヤマハのキックオフで後半が始まりました。8分にラインアウトから日野選手が技ありのスローイングを見せ、スミス選手のトライで0-54となります。

 

NTTドコモのアタックを鹿尾選手が好タックルを連発しNTTドコモに得点を許しません。

 

19分にツイタマ選手が本日の3つ目のトライを決めると、22分にナーマヌ選手も3つ目のトライを奪い、0-68とリードを広げていきます。

 

27分にNTTドコモが奮起し、小林選手が意地のトライを決めて7-68。

32分に鹿尾選手が右中間にトライ。毎度ですが、最近のヤマハはホーンが鳴っても試合を捨てません。

 

ここからまだ攻め続けます。伊東選手が俊足を飛ばして一気に相手ゴール前にボールを運び、サポートした吉沢選手と連携、最後は伊東選手が中央にトライを決めました。五郎丸もしっかりコンバーションを決めて7-82でノーサイドでした。

 

勝利後の堀川監督と大戸主将のインタビューです。

■堀川監督
「今日は自分たちのスタイルを80分間、貫き通せた試合ができました。

 

試合の入り方も良かったのですが、特に試合終了のホーンが鳴ってからも、自陣から攻め続けるマインドを全員が持っていた、そしてトライに繋げて試合を終えたことは大きく評価できます。

 

また、今日の試合ではグラウンド上でリーダーたちの成長を実感することできました。メンバーが変わっても、自分たちがすべきことを全員が理解している。

 

まだまだ成長できるチームですので、今週よりも次の試合で成長できるように準備をしたいと思います。」

■大戸主将
「今日もたくさんの来場者の中でプレーでき、本当に嬉しく思いました。有難うございます。

 

監督と同じコメントになってしまいますが、自分たちのやりたいこと、やるべきことに集中しました。

 

ホーンが鳴ってからも最後までトライを取り切る気持ちを全員が持っていたところにチームの成長を感じました。

 

今日は1番(岡本)、3番(大塚)の選手が新しいメンバーとして出場しましたが、しっかりと役割を果たしてくれ、チャレンジしてくれました。

 

チーム全体の底上げができてきている実感があります。

今週よりもさらに来週は良いプレーができるように、全員で取り組んでいきたいと思います。」

 引用元 

2020トップリーグ 第5節 - 試合日程・結果 | ヤマハ発動機ジュビロ(ラグビー)

 第1節から第3節までの記事です。

 

www.sannigo.work

www.sannigo.work

www.sannigo.work

 

ラグビー新リーグ決定

社員選手もOKのプロ化 チーム数減で来秋立ち上げ

このような気になるニュースもあります。

日本ラグビー協会は15日、都内で理事会を開き、トップリーグ(TL)に代わる新リーグを2021年秋に立ち上げることを正式に決めた。

 

リーグ名称は未定で、プロ化に関しては現状と同じく社員選手も認める方針。

 

参入要件の骨子も示され、1月中に参入を希望するチームに説明会を開く。

 

岩渕健輔専務理事(44)は「運営機能、チーム名称、ホームエリア、スタジアム、事業運営の5点が大きな部分」とした。

 

1部リーグのチーム数は現状の16から減らす方向。

 

理事会では新リーグ運営に携わる2法人を立ち上げるため協会内に準備室を設けることも決定。

 

マーケティングに関する法人の準備室室長には、プロリーグ構想を推進する日本協会の清宮克幸副会長(52)が就任する。

 

 引用元 

ラグビー新リーグ決定 社員選手もOKのプロ化 チーム数減で来秋立ち上げ(デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース

 

本格的なプロ化は今回は見送ったという理解で大丈夫でしょう。


今の日本の「プロスポーツの全国リーグ」は3つあります。

野球、サッカー、バスケットボールです。

 

今回のこの発表で日本ラグビーフットボール協会は「プロリーグ化」の方針を撤しました。

 

そして2021年秋からチーム数を減らしたプロアマ混合リーグとして、トップリーグを新しくすると発表しています。

 

プロ化したスポーツも「プロとアマチュアの境界線上」にあったものを現在のプロという形にするのには随分時間とお金がかかっています。

 

結局、ラグビーを今すぐプロ化するのはまだ早いということでしょうか?

 

ヤマハもそうですが、製造業の会社が多いラグビーチームです。現在も働きながらラグビーをやっている選手が多いとのことです。

 

この辺はTBSで放送してラグビー人気の火付け役としても一役買ったドラマ「ノーサイド・ゲーム」をご覧になっていた方はわかりやすいかも?

アストロズです。思い出してください。きっとあんな感じですよ。

 

チームを運営して、チケットも売って、試合もすべて仕切るまでにはもう少し時間が必要なんでしょうね。

 

2021年からのプロ・アマ混合チームを楽しみにしたいと思います。

 

まとめ

ラグビートップリーグ2020 第5節を終えました。

私が応援しているヤマハ発動機ジュビロが第3位です。

 

あと10試合を楽しみながらプレイして、しかも全勝できて優勝したら最高に嬉しいです。

応援してますからね、がんばって!!

 

おまけ 

今回も会場がホームの磐田ではないのでテレビで楽しみましょう。

 TVで観る方法

ジャパンラグビー トップリーグ2020
第6節

三菱重工相模原ダイナボアーズ
vs.
ヤマハ発動機ジュビロ

解説:村上晃一 実況:松本圭祐
開催日:2020年2月22日
会場:パロマ瑞穂ラグビー場

Jsports1

放送日:2020年2月22日(土)

放送時間:午後 7時 30分~午後 9時 30分

Jsports1を観たことがない方は、まずはスカパーです。

 

ネットで観る方法

DAZN

三菱重工 VS ヤマハ発動機:第6節

ラグビーユニオン | 11:30からライブ視聴

 

DAZNでまだ見たことがない方は、まずはこちらです。

WIFIも必要でした。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

では、またです。