sannigoのアラカン日記

アラカン女sannigo(さんご)穏やかな毎日を記録しています。

ソメイヨシノの開花が待ち通しい「はままつフラワーパーク」

 

f:id:sannigo:20200324180327j:plain

写真ACからの桜の写真

こんにちは、sannigo(さんご)です。

今日もよいお天気ですが、冷たい風が強いためかこの地では珍しくダウンを羽織ってマフラーを巻いている人を見かけました。

東京では桜もかなり咲いているようで、上野にも宴会なしのマスクあり花見が盛況だったようですね。

 

浜松市の桜の開花状況は

開花:フラワーパーク、佐久間ダム湖、秋葉ダム千本桜

つぼみふくらむ:蜆塚公園、城山公園、奥山公園、奥山高原、

つぼみかたし:浜松城公園、佐鳴湖公園、、都田川堤防、

浜松の桜はやっと咲き始めたくらいの感じですね。今日などは少し気温も下がっているので満開での見頃は4月に入ってからになりそうな予感です。

はままつフラワーパーク

 

50周年

3月15日の日曜日に浜松市西区のフラワーパークに出かけたところ、ちょうど安倍さんから「外に出てもいいよ」って言われた次の日ということもあり、家族連れの笑顔があふれていました。

このフラワーパークですが、今年開園50周年を迎えるそうです。

以前から園内の東西には車椅子の利用者にとって不便だった高低差20mの急な坂がありました。

50周年を記念して、その坂を約1分半で登るゴンドラの形をした昇降機が新調されました。お披露目で稼働はじめたのは3月20日でした。

私たちが行った日は、「なんだろね?あのゴンドラみたいな大きな建物は?」って会話していたのですが、後日の新聞記事で「昇降機だったのね!」って納得です。

ゴンドラを見たい方はこちら⬇

笑顔咲く はままつフラワーパークにぎわう:静岡:中日新聞(CHUNICHI Web)

 

この時期の「フラワーパーク」のパンフレットのキャチコピーは驚くことなかれ!

「世界一美しい 桜とチューリップの庭園」です。みなさん、世界一ですよ~

 

あちこちで見かけた子どもたちは、花に囲まれた園内を走り回って、家に閉じ込められたストレスを一気に発散できたでしょうね。

みんな元気いっぱいでした。

ご年配の仲良しなご夫婦さんやカップルさんも桜の開花が待たれる公園をおだやかな笑顔をたたえながらの散策も目立ちました。

そりゃ万人がストレスを抱えながらも「コロナウイルスの感染の終息」を祈りながらの毎日の暮らし、我慢が限界に近づいていたのかもしれません。

コロナウイルスの影響で入場チケットは手売りでしたが園内の様子は特に普段と変わらないようすでした。

フラワー号

ゲートから入場後すぐに園内を100円で回れる「フラワー号」が見えてきたので、園内のきれいな花が咲いているところをチェックしてから歩くという小狡い方針で「フラワー号」に乗車です。

レトロなフラワー号、この他にもう少し今っぽい2台があります。

フラワートレインは100円で約15分乗車で園内1周できます。

園内

見事にチューリップが咲き乱れています。カメラマンたちが夢中で接写に励んでいたので少し遠慮気味なチューリップ畑の写真になりました。

 

あちらこちらで「ソメイヨシノ」でない桜(笑)早咲きの桜を眺めることもできました。

 

オリンピックイヤーなので、オリンピックのマークも発見!!動物園入口側の「水鳥の池」にあります。

 

ミヤマツツジ(静岡県指定天然記念物)もいつもなら4月上旬が見頃なのですが、早めな対応で咲きはじめていましたよ。「ソメイヨシノ」が咲いていなくても全然だいじょうぶ!!たくさんの春の花で楽しめます。

 

大温室(クリスタル パレス)は、以前行ったときより少しジャングル感が減っておしゃれな感じに変身していました。おしゃれより食い気の私にはバナナが一番印象に残ったようで、バナナしか写真がなかった。もっとおしゃれな展示がたくさんありますからっ(汗)

 

噴水池も老朽化に伴い50周年を迎えるにあたって改修したようです。発光ダイオード(LED)付きの4基を取り付けたとのことです。昼間だとちょっとどこが?な状態です。

はままつフラワーパーク情報

 

住所:浜松市西区舘山寺町195

TEL:053-487-0511(代)

入場料

  開 園  大人(高校生以上) 小・中学生

3月~6月 600円~1,000円 300円~500円

7月~8月   無料      無料

9月~2月     500円       無料

※9月~2月は園内で利用できる300円のお買い物券付き

交通機関

・東名浜松西I.C.より車で約15分

・東名舘山寺スマートI.C.より車で約5分

・舘山寺温泉から車で約5分

・JR浜松駅北口バスターミナル①ポールより遠鉄バス「舘山寺温泉行き」乗車約40分「フラワーパーク」バス停下車すぐ

駐車場

フラワーパーク側 乗用車600台(200円)バス12台(無料)

動物園側     乗用車590台(200円)バス12台(無料)

車イス用駐車場完備

車イス・ベビーカーレンタル※入り口ゲートで貸し出しています。(当日先着順)

             ※ベビーカー100円 車イス無料

 

食事:・カフェレストラン(入り口ゲート横)

   ・ソフトクリームなど(クリスタルパレス内)

おみやげ:入口ゲート横

    

噴水ショー:毎時00分・30分スタートします。

 

まとめ

今いちばん気にかかることは、浜松のあちこちの桜の開花状況です。

日本で奄美と沖縄を除くと東京が一番早く桜が開花したのは東京都心だそうで、コロナ渦中で宴会などはなかったようですが、上野などを中心にたくさんの人出だったと聞きます。

今回紹介した「浜松フラワーパーク」も浜松市内では桜の名所のひとつです。

昨日まだふくらみかけている状態だったようなので、暖かい日が数日つづいたあとに咲き始めそうです。

こちらの園内にはソメイヨシノやヤマザクラなど160品種の桜1700本があるので、散策しながらお花見を楽しむには最適かと思います。

駐車場も広くありますので「コロナ渦中」でもすこしのんびり過ごしたい家族でお花見なんていかがでしょう?

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

では、またです。