sannigoのアラカン日記

アラカン女sannigo(さんご)穏やかな毎日を記録しています。

いよいよ梅雨明けで真夏の電気代が心配、エアコン以外の冷房家電なら節電、節約できそう。

こんにちはsannigo(さんご)です。

待ちに待った梅雨明け、平年よりも11日遅れ、昨年より8日遅れで8月1日(土)に、やっと『梅雨明け』しました。


今年は、今まで感じたことのないほどの湿気に悩まされましたが、やっと開放されてホッとしています。


なんと統計開始以来、3番目に遅い梅雨明けだったそうで、7月終盤は「梅雨明けまだ?」という挨拶ばかりしていた気がします。

 

 

うれしい梅雨明けですが、明けると同時に太陽サンサンで夏らしいお天気続きで気温もぐ~んと上がってきたようです。

 

ちなみに浜松の気温は

 

月日  平均気温  最高気温  最低気温
7/28    27.1℃      31.2℃   25.0℃
7/29    27.1℃      32.8℃   23.6℃
7/30    23.9℃      25.8℃   22.8℃
7/31    27.2℃    32.5℃   22.7℃
8/1   27.3℃    30.9℃   23.2℃
8/2      26.7℃    30.2℃   23.9℃


いまのところ今日の
8/3は12:00で31℃です。


午後は少し雲が増えて、雷にも注意とのことなので気温はこれ以上は上がらないような気がします。

 

ただ、これから夏本番を迎えるとなると、日ごろから家に引きこもっている私にとっては、「いかにエアコン使用での電気量を抑えるか」が非常に重大な課題です。

 

いよいよ梅雨明けで真夏の電気代が心配、エアコン以外の冷房家電なら節電、節約できそう。[写真AC]

 

 

いよいよ梅雨明けで真夏の電気代が心配

 


真夏の電気代、エアコンの比率ってどのくらい?

 

真夏と真冬は電気料金の明細書を見るのがこわい!

なぜなら、快適にお部屋で過ごすためには、暖房、冷房にエアコンを使うからですよね。

 

梅雨明けして、待ちに待った真夏がやってきたのはうれしいのだけど、どうしても真夏のエアコン使用での電気代が心配です。

 

家庭の電気代に占めるエアコン代ってどのくらいだと想像されますか?

 

夏の日中、消費電力のなんと50%以上をエアコンが占めている事がすでにわかっています。

 

それは仕方ないことで、おうちに高齢の方やこどもがいたり、ペット(犬、猫、カブトムシ、クワガタなど)を飼っていれば、体調のための温度調節は絶対に必要です。

 

一日中、エアコンをつけっぱなしにしなくてはいけない日も多いんですよね。

 

命のためにはエアコン使用での電気代アップは仕方ない!と開き直っていらっしゃる方は別として、ほんの100円でも200円でも節約したいわ。というかたも多いのでは?

 

では、電気代を節約しながら部屋も涼しく過ごしやすい夏のために、良い方法はないでしょうか?

 

節約しながら部屋も涼しくする賢い方法

 

真夏の日中在宅時にエアコンの消費電力が増えるのはなぜでしょう?

 

エアコンが部屋の空気を冷たくできるのは、部屋の空気中の熱を集めて室外機で外へ出しているからですよね。

 

この空気中の熱を集める仕事をしているのが、空気やガスなどの気体に圧力をかけてギューッと圧縮するのがコンプレッサー(圧縮機)という装置です。

※気体に圧力をかけて圧縮すると高温を発し液体に変化します。この液化した気体が常圧で気体に戻るときに、周りから熱を奪っていくという原理をエアコンに利用しています。

 

このコンプレッサーはモーター(電動機)の働きによって駆動するため、エアコンを付けている間はずっとこのモーターが回っていることになります。このモーターを回すのに、電力を非常に消費しているというわけです。


真夏の日中の外気温が高い時間帯は、家の中と外の温度差がかなり大きくなります。

 

温度差が高くなればなるほど余計にコンプレッサーを駆動するので消費電力も余計に増えるということです。

けっきょく、日中エアコンで室温を下げるには電力を使うのです。では、このエアコンをできるだけ使わずに室内の温度を下げる方法はあるのでしょうか?

 

エアコンをできるだけ使わずに室温を下げる方法

 

・エアコンの冷房設定温度を下げ過ぎない

・スイッチのオンとオフの切り替えを控えて自動運転モードにする

・省エネ効果の高いエアコンに買い換える

 

などという節電方法は、「とっくにやっています」と言われそうです。

 

上記の節電方法も利用しながら、さらになるべくエアコンを使わないで快適に過ごす方法は実は昔からのアレを使えば良いのです。

 

そうです「扇風機」や昭和生まれにはなつかしい「冷風扇」を使ってみましょう。

 

冷風扇を使う?

チチロバ(TITIROBA) 冷風機 冷風扇 スポットクーラー 卓上 扇風機 小型 usb 冷風器 送風機 ポータブルエアコン ミニクーラー パーソナルクーラー 暑さ 熱中症対策 グッズ 加湿 冷却 空気清浄 ミスト 風量3段階調整 強力 ライト付き 人気 ファン 省エネ コンパクト 寝室 オフィス 2020 改良式 ホワイト LF-01【Amazon.co.jp 限定】

 

冷風扇の使用には水が必要なんですよね。
ちょっとそこが面倒くさいかも?です。

 

どうして水を使うかというと、冷風扇から涼しい風が出るのは水が蒸発するときに気化熱を奪うという「打ち水」と同じ原理ですね。


「打ち水」なんてしたことない人が多いかもですが、機会があったらぜひやってみてください。本当に涼しくなります。街なかの通りに「打ち水」するだけで数度は気温が下がりますから。

 

お部屋全体が涼しくなるというわけはないのですが、「冷風扇」の前にいたらかなり涼しい風があたりますので、局地的な涼しさが必要なときには「冷風扇」だけで過ごすようにすれば節電になります。

 

エアコンからの風が苦手というかたも多いようですし、扇風機の風が直接当たると妙に疲れるという方もいらっしゃいます。


部屋全体を涼しくというよりご自身だけやさしい風があたればいいのだけど、というかたは試してみるのもよいのでは?

 

高性能冷風扇

 

最近は付属の水タンクに水を注いで、湿らせたフィルターに風を通すことで、夏は冷風扇、冬は加湿器としても使えるタイプもあります。

 

特に冬は温風を出しながら加湿も同時にできる「うるおい暖房」というなんとも美容によさそうな冷風扇などもが人気のようです。

 

一年中使えるということは収納場所がいらないというメリットもあちますよね。


扇風機を使う?

 

 

知らない人はいないでしょうが、室内に風を起こして体感温度を下げて涼しく感じて快適に過ごせるのが扇風機ですよね。


なにより、扇風機のメリットは「電気代が安い」です。


「電気代が安い」から使っているというかたが大多数ですよね。

 

では、月にどのくらい電気使用量が少ないかと言うと、エアコンの約1/10にもなるそうです。


エアコンで1,000円のところ扇風機だったら100円ってこと!!
なんと900円も節約できるというすぐれものです。

 

高性能な”羽のない扇風機”

ダイソン Dyson Pure Hot + Cool™ 空気清浄ファンヒーター HP04WSN HP 04 WS N


9年前にダイソン社から”羽のない扇風機”として登場したときはけっこうびっくりしましたよ。


家電量販店でしっかりこの目で扇風機を見て、風が出ることを確認して、さらに輪っかの部分に手をかざしてみて、やっと本当だ!羽がないのに風が出ているじゃんって納得したのを覚えています。


割と仕組みは簡単だったようで、羽が内蔵されていて輪っかの後ろの細い隙間(スリット)から風が出ているという、あまりにスリットが細いから見えなかったというオチです。


このダイソンの技術を「エアマルチプライアーテクノロジー」と名付けられていて、ドライヤーやハンディ扇風機にも応用されているんですって。

 

しかも、この”羽のない扇風機”は今や「空気清浄機」として、さらには温かい風で部屋を暖める機能までついているらしいじゃないですか?

 

花粉やPM2.5、ウイルスなどの有害物質をキャッチして清潔な空気を部屋に届けるという空気清浄機を別に買う必要がないなんて、どこまで高性能なんでしょう。

 

もちろん、部屋の空気を循環させるサーキュレーター機能を備えたものもあり、一年を通して使えるので、きれいに掃除して倉庫にあるストーブと入れ替えて使うなんていう苦労もなくなり、収納場所だっていらないんです。

 

世の中便利なもので溢れています。それで、電気消費量が少ないのなら文句なしってことですよね。

 

ハンディ扇風機も人気

 

テレワークなどの導入が増えたことやコロナ渦ということから、最近はハンディの扇風機が人気ですよね。


パソコンのUSBから使えたり、充電できたり、デザインがキュートだったりと家電量販店さんやおしゃれな雑貨屋さんの店頭には必ず大きくコーナーが展開されています。

 

最近では羽のないモデルがこのハンディにも登場していてびっくりです。
小さな子どもが首から下げても安心・安全とは、これいかに!

 

引用元:カテエネ | 中部電力ミライズが運営する家庭向けWEB会員サービス

 

最後に

 

 

本当にエアコンにもいろいろありますよね。

 

今年のような「コロナ渦」ではエアコンで冷やす事と換気する事、両方が必要になります。

エアコンをつけながら換気となると電気代も心配です。

 

ほとんどのエアコンは換気機能はないようで、今年はダイキンなどの換気機能のあるお高いエアコンも人気のようです。

 

10数年前に取り付けたエアコンと今どきのエアコンの消費電力を比べると、「うそ」って思うほどに消費電力が下がっています。

 

我が家も昨年2台のエアコンを買い替えたら、真夏・真冬は1万〇〇円かかった電気代が今は万に届くことがなくなりました。

 

エアコン以外にも、すごい進化をしている冷房家電がいろいろあります。

 

今回紹介した「羽なし扇風機」「冷風扇」なども上手に利用して、昼間と夜とか、在宅人数などから家電の使い分けをして、お部屋も快適で熱中症や「コロナ」などのウイルスの危険も回避できて、さらにお財布にもやさしく、この夏を乗り切っていけると良いなと思います。

 

合わせて読みたい記事です。

 

www.sannigo.work

www.sannigo.work

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

では、またです。